月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

20km競歩2大会五輪の高橋英輝は32位「支えがあって最後まで歩けた」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目

陸上競技7日目のアフタヌーンセッションで男子20km競歩が札幌で行われ、リオ五輪に続いて2大会連続の五輪となった高橋英輝(富士通)は32位だった。

高橋4km過ぎまでは上位集団で粘ったが、5kmを過ぎてついて行けず後退した。最後は1時間27分29秒で32位。池田向希(旭化成)、山西利和(愛知製鋼)がメダルを獲得するなかで、苦しい歩きに。それでも、前回42位に沈んでから5年間、もがきながら歩を進め、代表をもぎ取った。

「周りの方々の支えがあってここまでこられました。結果は残せませんでしたが感謝の気持ちでいっぱい。最後まで歩けたのは支えてくれた方々がいたから」

日本記録を樹立するなど、競歩王国のスピード化を担ってきた高橋。まだ28歳。これからだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com