月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

強い男子マラソン復権へ中村匠吾、服部勇馬が会見「100%の力を出して悔いの残らないように」


東京五輪のマラソン日本代表の公式会見が行われ、中村匠吾(富士通)と服部勇馬(トヨタ自動車)がオンラインで登壇した。

8月8日、ついにやってくる東京五輪の男子マラソン。2019年マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で出場権を勝ち取った中村、服部の2人は、スタートを3日前に控え、その長さをしみじみ感じているようだ。

「2年間準備期間があって、1日1日、精一杯やってきた」と中村。今年は正月の全日本実業団駅伝でケガをした影響が長引き、それ以降レースに出場していない。「本来、びわ湖毎日マラソンと5月のテストイベントに出るようでした」と言う。だが、「6月から約2ヵ月は、長野で高地トレーニングをしっかり積んできた」と仕上げてきた。

MGCの圧勝劇に代表されるように、暑さは望むところで「強みだと思っています」。今日の朝も練習したようで「当日はわかりませんが気温も高いです」と中村。レース展開については「スローペースでもハイペースでも揺さぶりがあるので、身体と相談しながら対応したい。持ち前のスパートに持って行きたい」と話す。

学生時代から東京五輪を目指し、代表を決まってからケガをして不安な日々を過ごしてきた。だからこそ、「オリンピックに懸ける思いをもってやってきました。すべてを出し切ってゴールしたい」と中村。ここぞというときに“外す”ことのない勝負強さが、大一番で発揮されるはずだ。

服部も順調にはいかなかった。昨年12月の福岡国際マラソンは欠場。全日本実業団駅伝以降はレースから遠ざかり、5月5日のテストイベントとなった北海道・札幌チャレンハーフマラソンで久々のレース(1時間02分59秒)。それ以降は菅平でトレーニングを積んできた。

「普段のマラソンよりも急ピッチ作った感じ。冬のマラソンよりもペースが少し落ちると思うので、3分20~30秒くらいで押していけるようにしてきた。5月よりはかなり良い状態で臨めると思います」

最後の1ヵ月は、弟の弾馬(トーエネック)とともに練習してきたといい、「一緒に出られなかったのは悔しいですが、思いを引き継ぐことができた」。

ここまでの2年は「ものすごく長かった」が、「代表としての自覚、覚悟はついた。精神面で成長できたと思う」と服部。最終日に行われるということもあり、「プレッシャーも感じている」と打ち明ける。それは、「結果を出したい」から。

「これまでやってきたこと発揮したい。100%の力を出して悔いの残らないように走って行きたいです」

東洋大出身らしく、札幌でも目の前の1秒を削り出す走りで、一つでも上の順位を目指す。

男子マラソンは2012年ロンドン五輪の中本健太郎が6位入賞しているが、メダルとなると1992年バルセロナ大会の森下広一から届いていない。この時は3人が入賞。強い男子マラソン復権へ。8月8日、午前7時。いざ、勝負の時――。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com