月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

クルーザー砲丸投史上4人目の連覇!自身の世界記録まであと7cmに迫る五輪新


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目

陸上競技7日目のモーニングセッション男子砲丸投決勝は、世界記録保持者R.クルーザー(米国)が貫禄を見せた。

全米五輪選考会で23m37の世界記録を樹立した前回王者のクルーザー。1回目に22m83と、リオ五輪で出した22m52の五輪記録をあっさりと塗り替えた。さらに2回目に22m93。優勝を決めた6回目には、23m30のビッグショット。ただ1人6投すべてで22mオーバーと、7.26kgの鉄球を誰よりも遠くへ飛ばして世界一に君臨した。

父も砲丸投で20m以上、円盤投で67m以上を投げている元アスリートで、2人のおじも元投てき選手という“投てき一家”に育ったクルーザー。試合後は、家族が見守るモニターに向けて「GradPA, We did it 2020 Olympic Champion!(おじいちゃん、オリンピックチャンピオンになったよ!)」と書いた紙を見せて涙を拭いた。

2位にJ.コヴァクスが22m60の好記録で入り米国ワンツー。3位はT.ウォルシュで22m47と、3人が22m以降。世界の頂点で切磋琢磨する3人によるリオ五輪とまったく同じ順位での決着となった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com