月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

やり投の小南拓人78m39で日本人3大会連続決勝逃す「経験つなげるかは自分次第」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技6日目

陸上競技6日目のモーニングセッションで行われた男子やり投予選に小南拓人(染めQ)が出場した。グループBの小南は78m39を放ったが、通過記録の83m50に届かず、組9番目。全体19番手で決勝進出(12人)はならなかった。

小南は1回目に72m56、2回目に78m39を投げたが、最後は78m07と記録を伸ばせなかった。今季は安定して80mを越えていたが、結果的に通過ラインの12番目は82m40で、自己記録82m52が必要だった。

初五輪に「緊張もありながら、楽しむ感じもありました」と小南。投てきを振り返り、「自分にできる最大限をやろうと思ったのですが、自分の中で思ったきれいな投げができませんでした。悪い中で78mを投げられましたが、もう少し投げたかったです」。

女子やり投代表の北口榛花(JAL)と同じ北海道出身。札幌一高まで野球に取り組み、甲子園を目指す球児だったが、網膜色素変性症という視機能が低下する病気を発症。連係プレーなどもある野球選手としての道をあきらめ、マネージャーとして選手を支える側にも回った。

だが、その肩の強さなどを買われて陸上部から熱烈な勧誘を受け、高2からやり投をスタート。3年時にはインターハイで優勝した。国士大でメキメキと力をつけ、ついに東京五輪の舞台に立った。

「自分の努力だけじゃなく、いろんな人の支えがあって出られました。ありがとうございました」と感謝の言葉。そして、「この経験が次につながるかは自分次第。来年の世界選手権やパリ五輪を目指したい」と決意を新たにしていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com