月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

飯塚翔太3度目五輪も200m予選敗退21秒台に「悔いだけ残さないよう走ったが…」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技5日目

陸上競技5日目のモーニングセッション、男子200m予選に飯塚翔太(ミズノ)が出場。1組目に入った飯塚は前半こそ加速に乗るが後半で失速し、21秒02(+0.3)をマークして組6着だった。その後、後ろの組の結果予選敗退が決まった。

「悔しいっすね」と第一声。「5年かけて、自分なりにやってきて、悔いだけ残さないように思いっきり走ったが……」を絞り出した。今季はケガもあり、「いろいろサポートしてもらって200mを走るチャンスをもらえた。感謝しています」。リオ五輪4×100mリレー銀メダルの飯塚だが、200mはロンドン、リオと3大会連続出場を果たし、いずれも予選敗退となってしまった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com