月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100mH木村文子 集大成の東京五輪は予選敗退「五輪に成長させてもらった」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目

陸上競技2日目のモーニングセッション、女子100mハードル予選に木村文子(エディオン)が出場。1組目の木村は13秒25(+1.0)の7着で予選通過はならなかった。

ロンドン五輪以来、2大会ぶりにオリンピックに戻ってきた木村。昨シーズンはコロナ禍で延期となったため、ほとんど試合に出ずに過ごして心身ともにリフレッシュに当てた。その期間、地元・広島で高校生たちと練習し、再確認したのは「走る楽しさ」。一度は折れかけた気持ちを持ち直し、2021年シーズンへ向かった。

元々は走幅跳でインターハイ優勝した木村。横浜国立大でハードルの才能を開花させ、これまで10年ほど第一人者として女子スプリントハードルを引っ張ってきた。だが、目標にしてきた12秒台には届かず、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、青木益未(七十七銀行)が先に到達。それでも木村は33歳で東京五輪の舞台に立った。レース後は思いがこみ上げてきた。

「女子はなかなか世界で戦えないと言われる中で、ロンドンには1人で出て、ロンドン世界選手権には紫村仁美選手と2人、東京五輪は寺田選手と青木選手と3人で出られた。世界で戦えると思ってもらえれば」

その言葉には、これまで背負ってきた重圧、誇り、そして女子100mハードルが次のステージに上がったことへの喜びが混じり合っていた。

木村は今シーズンを「集大成」として臨み、広島大大学院に進学するなど次の道への準備も進めている。

「タイムはすごく残念かもしれませんが、9年前の自分と比べると、オリンピックに出てオリンピックに成長させてもらったと感じます」

最後は木村らしい笑顔だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com