月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

20歳の廣中璃梨佳5000m自己新で堂々の決勝進出!「もう一段ギアを上げたかった」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技1日目

中学生時代から変わらぬトレードマークのキャップを1人だけ被って女子5000m予選のスタートラインに立った廣中璃梨佳(日本郵政グループ)。いつもと違うのは、その帽子に「JAPAN」と刺繍されていたこと。

20歳で挑んだ初めての五輪。5000mと10000mで代表となり、陸上の初日、女子5000m予選では1組目に登場した。

廣中は序盤からトップを快走。1000mは3分、2000mは5分59秒で通過する。「私らしく積極的に」。ここもいつもと変わらぬスタンス。3000mを前に3番手に落ち、「もう一段ギアを上げたかった」を振り返る。最後はあごが上がりながらも粘りきり、14分55秒87で9着。自身が持っていた日本歴代3位を更新する五輪日本人最高タイムをマークした。

レース後、「たくさんの支えがあった」と感謝の言葉から始めたのも廣中らしい。「怖い物知らずでいきました。こういう舞台で自己ベストが出せて自信になります」。この時点で2組目の結果次第で決勝進出できるかどうかが決まる状況。「(2組目の)田中希実先輩を応援したい」と語っていたが、最終的にタイムで拾われて決勝進出が決まった。

長崎・桜が原中時代に、一躍脚光を浴びたのは駅伝。3年時の全国都道府県女子駅伝で区間賞を獲得して、その力強い走りで注目を集めた。長崎商高に進学すると、高3時に全国高校駅伝にチームを導いている。都道府県女子駅伝では中3から実業団1年目の2020年まで5年連続区間賞。どんな時もお守り代わりにキャップを被っていた。

以前は疲れが出ると首が“くねくね”となり、あごが上がる傾向もあったが、日本郵政グループ加入後は「体幹トレーニングなどに力を入れた」ことで軸がぶれず、最後まで力強い走りができるようになった。

昨年12月の日本選手権5000mでは東京参加標準記録を突破していたため優勝すれば即内定だったものの田中に敗れ2位。それでも今季は5月の日本選手権10000mで優勝して五輪切符をつかむと、こだわりのある5000mは6月の日本選手権を制して2種目代表を勝ち取った。

「オリンピックは自国開催ということもあり、特別な大会だと肌で感じました」

初の五輪で初のファイナル。田中、そして萩谷楓(エディオン)は敗退したため、決勝は日本人1人。だが、どんな状況でも廣中は「私らしく」走る。8月2日21時40分スタート予定の決勝。廣中の走りをすれば、福士加代子(ワコール)の持つ14分53秒22の日本記録更新、そして入賞も不可能ではない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com