月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

寺田明日香100mHで21年ぶり準決勝進出! 「準決勝でギアを上げて」ファイナル目指す


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目

陸上競技2日目のモーニングセッション、女子100mハードル予選、最終組に入った寺田明日香(ジャパンクリエイト)が、12秒95(+0.3)の五輪日本人最高記録をマーク。着順で予選通過となる4着には届かない5着ながら、タイムで拾われる1番目で準決勝進出を果たした。この種目ではシドニー五輪の金沢イボンヌ以来、21年ぶりの準決勝進出。

今季12秒87の日本記録を樹立している寺田。「冷静に走れたが、(ハードルで)浮いてしまう部分があった」と、今季課題としている技術の課題があったと振り返る。

子供の頃から夢見てきたオリンピック。引退、結婚・出産、ラグビー挑戦などを経て陸上に復帰し、ようやく立った夢舞台に「いろんな方に支えていただいた」と感慨深げ。それでも、「目標としているのはファイナル。世界のトップとの差も確認できたので、準決勝でギアを上げて自己ベスト、12秒6、7を目指していきたい」と力強く語った。

準決勝は明日8月1日の19時45分から行われる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com