月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子やり投は五輪代表・小南が78m83で逆転V/実業団・学生対抗


◇第61回実業団・学生対抗(7月17日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)

男子やり投の6投目。「突っ込んだ状態でクロスに入らないこと」だけに集中した小南拓人(染めQ)が、78m83をマーク。3位からの逆転優勝を飾り、ホッとした表情を見せた。

東京五輪代表として、本番に向けた調整の一環で臨んだ今大会。80m88で初優勝を飾りながらも「思ったよりも距離が出なかった」という日本選手権の反省と疲労感から、「力まずにいこう」と臨んだ。しかし、1投目から66m22と「力まずにいこうと思った結果、力んでしまった」と振り返る。

それでも、最終投てきでディーン元気(ミズノ)、同学年の小椋健司(栃木スポ協)を逆転。全体として「うまくいかなかった」中でもきっちりと結果を残した。

ワールドランキングで初の五輪代表の座をつかんだが、7月2日の代表2次発表の段階では「実感は湧かなかった」と言う。それでも、代表ウエアが届いたり、オンラインでの結団式に参加したりするうちに、「いよいよという気持ちが湧いてきました」。

今は「ワクワク感が強い」が、当日は「緊張する」と思っている。北海道・札幌第一高2年だった2012年、高校の先輩である十種競技の右代啓祐(現・国士舘クラブ)が五輪代表選手の公式ブレザーを着て母校を訪れた姿を見てあこがれた五輪の舞台は、もう目の前。あとは、「目標は予選突破や自己新と言いたいけど、もちろんそれを頭の片隅に置いてはいますが、自分の力よりも上の目標を立てると空回りする。今年の投げをすること。自然体で臨みたい」と、自分のやるべきことに集中していくのみだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com