月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子1500mで河村一輝が日本新の3分35秒42!!従来の日本記録を1秒63更新!/ホクレン千歳大会


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第5戦千歳大会が7月17日に行われ、男子1500mでは河村一輝(トーエネック)が3分35秒42の日本新記録を樹立した。荒井七海(Honda)が5月下旬に米国で出した従来の記録3分37秒05を1秒63と大幅更新した。

河村はペースメーカーが作る流れにうまく乗って日本人未踏の領域に踏み入れた。先頭が1周目55秒台、2周目は1分54秒で通過するハイペースにも食い下がり、残り1周では佐藤圭汰(洛南高3京都)とのマッチレースに。3周目を2分53秒あたりで通過した後、河村が終盤に佐藤を引き離してフィニッシュした。

河村は「日本選手権の後、ここでの日本記録を目標にやってきた。みんなの応援が聞こえて力を出し切れたと思う」と充実した表情。今後に向けては「来年の世界選手権の標準記録(3分35秒00)には届かなかったが、来年はその舞台に立てるようにしていきたい」と語っていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com