月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

洛南高・佐藤圭汰が男子1500mで22年ぶり特大高校新の3分37秒18!!!/ホクレン千歳大会


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第5戦千歳大会が7月17日に行われ、男子1500mで2位に入った佐藤圭汰(洛南高3京都)が3分37秒18をマーク。1999年に佐藤清治(佐久長聖高3長野)が打ち立てた高校記録3分38秒49を22年ぶりに塗り替えた。佐藤は2004年生まれであるため、U20だけでなくU18でも日本新となり、日本歴代でも3位となる脅威的なタイムを叩き出した。

スタートから河村一輝(トーエネック)とともにハイペースを刻み、「2周目の通過が1分54秒と設定よりも1秒速かったので、高校新を確信していました」と佐藤。最後は日本記録を打ち立てた河村に引き離されたが、特大高校新を打ち立てた。

佐藤は「高校記録を更新する目標を達成できました」と満足そうな様子。7月28日から行われる福井インターハイに向けて、「1500mと5000mで2冠を狙っていきたいです。1500mでは積極的なレースをして、5000mでは留学生に負けない走りをしていきたいです」と意気込んだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com