月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表400mH安部孝駿が公開練習 初五輪で「自分の走りをして決勝を目指す」


男子400mハードルで東京五輪代表に内定した安部孝駿(ヤマダホールディングス)が7月9日、都内の練習拠点で合同取材を行い、その後は練習を公開した。

2011年テグから、13年モスクワ、17年ロンドン、19年ドーハと4度の世界選手権代表となっている安部。この種目の第一人者だが、オリンピックは東京五輪が初出場となる。「高校生の頃からずっと出たいと思って目指してきた舞台」にようやく立つことができる。

すでに参加標準記録(48秒90)をクリアした状態で今シーズンに突入。日本選手権で3位以内となれば即時内定が得られる優位な状況だった。しかし、春先にアキレス腱を負傷。さらに、5月の東京五輪テストイベントでは自身が4位と苦しむなか、若手の黒川和樹(法大)、山内大夢(早大)、そしてドーハ代表の豊田将樹(富士通)が参加標準記録を突破。代表3枠を4人が争う展開となった。

「5月の試合以降は治療に最低週1回2時間以上通い、調子が上向いていた」状態で日本選手権へ。12年ロンドン五輪の年には参加標準記録をクリアしていながら日本選手権で「若さもあって勝ちに行ってしまった」ことで5位に敗れている苦い経験も。そのため、「しっかり3位以内を目指し」2位で初五輪を手にした。

これまで2度、オリンピックへの挑戦があったが届かず、「何かが足りなかったということ」。その何かを埋める作業がこの5年だったのだが、ケガやコロナ禍もあって苦しい時期が続いたという。特にこの春はケガで不安が募ったが「家族やチーム、多くの人が支えてくれた」ことで自分と逃げずに向き合えた。「当時はただ、漠然と『行きたい』だけだった。今はどういうサポートを受けて、どういうふううに戦っていくか、出た先のことを考えられている」と語る。

今季、世界の男子400mハードルは過去最高レベルに到達。世界記録が誕生するなど、上位争いは熾烈だ。「そこに勝つのが難しい」としながら「4位以下は混戦」と踏む。狙うのは「準決勝で自分の走りをすること」。そこで自己ベストが出れば、ファイナルも見えてくる。

「いろいろな難しい状況もありましたが、乗り越えてきたことで自信がつきました。8台目以降の走りがポイント。競り合った中でどれだけ自分の走りができるかだと思っています。準決勝で自分が持っている以上の走りをする。日本選手権の時よりはコンディションを上げていける。夢の舞台を存分に味わってレースがしたいです」

飯塚翔太(ミズノ)、戸邉直人(JAL)、大迫傑(Nike)、岡田久美子(ビックカメラ)らとともに2010年世界ジュニア選手権を戦った『プラチナ世代(1991年度)』の一人。29歳のハードラーが、満を持して初の夢舞台に挑む。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com