月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

棒高跳は竹川倖生が5m70クリア!日本歴代5位タイもオリンピックに届かず「次は5m80を」/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の3日目。男子棒高跳は5m60を竹川倖生(丸元産業)、江島雅紀(富士通)、石川拓磨(東京海上日動CS)、山本聖途(トヨタ自動車)がクリアするなど、ハイレベルな争いに。東京五輪の参加標準記録5m80への期待も高まった。

5m70には竹川、江島、山本が挑戦。そのなかで2回目にクリアしたのが竹川だった。江島、山本がクリアできず、バーは5m80へ。竹川と5m70をパスしていた石川が挑むも跳ぶことができず、竹川の初優勝が決まった。

竹川は法大卒の社会人2年目。18年にはアジア大会代表にもなっている。今季は木南記念で5m65の自己新など好調で、今大会の5m70は日本歴代5位タイ。「助走を16歩から18歩に変えたことと、腕をしっかり伸ばして突っ込む」ことで記録を伸ばした。

だが、「標準記録を跳ぶことを目標にしていたので悔しいです」と竹川。練習ではゴムバーを5m80だけでなく、5m90や6m00に上げて練習し、「5m80もノータッチで跳べることもあった」と言う。標準記録に届かず東京五輪代表内定はならず、ワールドランキングでも出場枠圏外。「5m80を跳びたい。次の試合では」と、新たなターゲットに向かって助走を開始していた。

2位の江島はワールドランキングではあと少しで出場権内に入れる状態だったが、厳しい状況に。「悔しいですが、5m60を一発でクリアできて久しぶりに楽しかった。ここが終わりじゃないですし、来年の世界選手権などもあるのでモチベーションが上がった」と、先を見据える。

ワールドランキングでターゲットナンバー(32)のギリギリ31番目(試合前時点)にいる山本は5m60で3位タイ。「助走をまとめられなかった。最後までまとめきれずに終わってしまった。5m80を跳んで内定をもらうのが目標だった。代表になれることを信じて、オリンピックに出場するつもりで準備したい」と語った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com