月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

5000m遠藤日向が初Vも五輪標準届かず 10000m代表・相澤晃が4位/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の1日目が行われた。男子5000mは遠藤日向(住友電工)が13分28秒67で初優勝を飾った。

フィニッシュ後は倒れ込んだ遠藤。「今回のレースは東京五輪に向けたラストチャンスだった。目指していた東京五輪の参加標準記録13分13秒50には届かなかったですが、やり切ったという感じでした」。だが、「レースで優勝してうれしくないのは今回が初めて」と、五輪に届かなかった悔しさが募る。

日本を拠点とする海外選手をペースメーカーに五輪の参加標準記録を越えるペースで進んだが、「少し後ろの選手など気にしてしまったり、一人で走ったりするところがあった」ことが記録面やレース展開に影響したと振り返った。

2位に13分30秒21で松枝博輝、3位に13分31秒45で坂東悠汰と富士通勢が入ったが、参加標準記録に届かず、ワールドランキングでも惜しい位置にいながら順位と記録両面でやや物足りない結果となった。

◇東京五輪10000m代表の相澤晃が4位
東京五輪10000mで代表に決まっている相澤晃(旭化成)が5000mに出場して13分31秒53で4位。優勝した遠藤とは学法石川高(福島)の先輩・後輩の間柄で、「やっぱり5000m専門の選手は強いな」と笑顔で話し、レース後は互いに健闘をたたえ合った。「あまり身体が動かなく物足りない結果だった」と相澤。調子が良かっただけに「調整練習をやりすぎてしまった」とその原因を分析する。今後は「スピードをつけて5000mで遠藤に勝てるようになりたい」と語った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com