HOME ニュース、国内

2021.06.25

5000m遠藤日向が初Vも五輪標準届かず 10000m代表・相澤晃が4位/日本選手権
5000m遠藤日向が初Vも五輪標準届かず 10000m代表・相澤晃が4位/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の1日目が行われた。男子5000mは遠藤日向(住友電工)が13分28秒67で初優勝を飾った。

フィニッシュ後は倒れ込んだ遠藤。「今回のレースは東京五輪に向けたラストチャンスだった。目指していた東京五輪の参加標準記録13分13秒50には届かなかったですが、やり切ったという感じでした」。だが、「レースで優勝してうれしくないのは今回が初めて」と、五輪に届かなかった悔しさが募る。

日本を拠点とする海外選手をペースメーカーに五輪の参加標準記録を越えるペースで進んだが、「少し後ろの選手など気にしてしまったり、一人で走ったりするところがあった」ことが記録面やレース展開に影響したと振り返った。

2位に13分30秒21で松枝博輝、3位に13分31秒45で坂東悠汰と富士通勢が入ったが、参加標準記録に届かず、ワールドランキングでも惜しい位置にいながら順位と記録両面でやや物足りない結果となった。

◇東京五輪10000m代表の相澤晃が4位
東京五輪10000mで代表に決まっている相澤晃(旭化成)が5000mに出場して13分31秒53で4位。優勝した遠藤とは学法石川高(福島)の先輩・後輩の間柄で、「やっぱり5000m専門の選手は強いな」と笑顔で話し、レース後は互いに健闘をたたえ合った。「あまり身体が動かなく物足りない結果だった」と相澤。調子が良かっただけに「調整練習をやりすぎてしまった」とその原因を分析する。今後は「スピードをつけて5000mで遠藤に勝てるようになりたい」と語った。

◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の1日目が行われた。男子5000mは遠藤日向(住友電工)が13分28秒67で初優勝を飾った。 フィニッシュ後は倒れ込んだ遠藤。「今回のレースは東京五輪に向けたラストチャンスだった。目指していた東京五輪の参加標準記録13分13秒50には届かなかったですが、やり切ったという感じでした」。だが、「レースで優勝してうれしくないのは今回が初めて」と、五輪に届かなかった悔しさが募る。 日本を拠点とする海外選手をペースメーカーに五輪の参加標準記録を越えるペースで進んだが、「少し後ろの選手など気にしてしまったり、一人で走ったりするところがあった」ことが記録面やレース展開に影響したと振り返った。 2位に13分30秒21で松枝博輝、3位に13分31秒45で坂東悠汰と富士通勢が入ったが、参加標準記録に届かず、ワールドランキングでも惜しい位置にいながら順位と記録両面でやや物足りない結果となった。 ◇東京五輪10000m代表の相澤晃が4位 東京五輪10000mで代表に決まっている相澤晃(旭化成)が5000mに出場して13分31秒53で4位。優勝した遠藤とは学法石川高(福島)の先輩・後輩の間柄で、「やっぱり5000m専門の選手は強いな」と笑顔で話し、レース後は互いに健闘をたたえ合った。「あまり身体が動かなく物足りない結果だった」と相澤。調子が良かっただけに「調整練習をやりすぎてしまった」とその原因を分析する。今後は「スピードをつけて5000mで遠藤に勝てるようになりたい」と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top