月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走高跳・戸邉直人が2m30でV!初五輪へ大きく前進 初日5種目の優勝者まとめ/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の1日目が行われた。男子走高跳は戸邉直人(JAL)が2年ぶり4度目の優勝を果たした。

日本記録(2m35)を持つ戸邉。「体調も良かった」と言う戸邉は、2m15から試技をスタートして1回目でクリアした。続く2m20は2回目だったが、2m24も1回で跳んだ。2m27には戸邉、前回王者の真野友博(九電工)、リオ五輪代表の衛藤昂(味の素AGF)ら5人が挑戦。これを戸邉と真野がともに2回目に跳んだ。一騎打ちとなった2m30を戸邉が3回目に成功させて勝負を決した。

戸邉は東京五輪参加標準記録の2m33にバーを上げたが、これはクリアならず。それでも2年ぶり4度目の頂点に立ち、参加標準記録は突破していないもののワールドランキングでターゲットナンバー(出場枠)32の圏内(昨日時点19位)にいるため、自身初のオリンピック代表を大きくたぐり寄せたと言える。

だが、戸邉は「優勝はもちろんですが、東京五輪の参加標準記録2m33を跳べなかったのは残念だった」と即時内定をできず悔しさを露わにする。2m30の3回目は「舞っていた風をしっかり見て丁寧に跳ぶことを心掛けた」とさすがの調整力を見せた。

「オリンピックを見据えて試合を絞ってきて、優勝できて(代表を)ほぼ決められた状態だと思うので良かった。本番に向けて状態を上げていきたい」と戸邉。「メダル獲得」という大きな目標に向かってまずはテイクオフに成功した。

2位に敗れた真野は「今季の中では調整ができた」と語る。参加標準記録にも届かず、ワールドランキングでも圏外となっているため代表入りは難しい状況。昨年2m31を跳んでいただけに「大一番に合わせられなかった」と振り返った。

3位の衛藤は「2m27の途中で脚をつってしまってすっきりしない試合になった」と振り返る。東京五輪シーズンで一線を退く決意をしている衛藤。ワールドランキングでは圏内で代表入りに近づき、最後の大舞台に向けてしっかり仕上げていく。

◇女子走幅跳は秦が6m40でV 男女円盤投はいずれも連覇

女子走幅跳は秦澄美鈴(シバタ工業)が5回目に6m40(-1.3)を跳んで優勝。6回目のファウル以外はすべて6mを跳ぶなど、風が変わるコンディションの中でも安定していた。だが、「優勝という目標に加えて東京五輪の参加標準記録(6m82)を狙っていたので記録的には不本意」と語るが、「今日の全力は尽くせたので悔いはありません」と振り返った。連覇を狙った高良彩花(筑波大)が6m30(-1.0)で2位。

男子円盤投は1回目に59m29を投げた堤雄司(ALSOK群馬)がそのまま逃げ切って優勝。3年連続8度目の日本一を手にした。女子円盤投は齋藤真希(東女体大)が2年連続3度目のV。初日で東京五輪代表に内定した選手はいなかった。

■日本選手権1日目の優勝者
男子
5000m 遠藤日向(住友電工)13分28秒67
走高跳 戸邉直人(JAL)2m30
円盤投 堤 雄司(ALSOK群馬) 59m29
女子
走幅跳 秦澄美鈴(シバタ工業)6m40(-1.3)
円盤投 齋藤真希(東女体大)52m89



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com