月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

サニブラウン2年ぶり国内レース予選10秒29で予選通過 2冠&五輪代表へスタート/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

 

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の1日目。男子100m予選が行われ、6組にサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が登場した。米国を拠点にするサニブラウンにとって2年前の日本選手権以来となる国内レース。スタートから低い姿勢で飛び出すと序盤でしっかり加速。その後はしっかりフィニッシュまで駆け抜けて10秒29(+0.2)で1着通過だった。ここについていったのが高校生の柳田大輝(東農大二高3群馬)で10秒35。こちらも予選を通過した。準決勝は今日の19時32分から行われる。

 

決勝は翌25日の20時30分スタート。サニブラウンは東京五輪の参加標準記録を突破済みで3位以内に入れば初の五輪代表に内定する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com