月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

敬愛のエース・河内瀬桜が爆走!400m、800m、400mH、マイルリレーの4冠/IH近畿大会


◇インターハイ近畿大会(6月17日~20日/兵庫県神戸市)

夏のインターハイを懸けた地区予選となる近畿大会は6月17日から20日の4日間、兵庫県神戸市の神戸総合運動公園 ユニバー記念競技場で行われた。

圧巻の活躍を見せたのが河内瀬桜(東大阪大敬愛3大阪)。大阪府大会に続く女子400m、800m、400mハードル、4×400mリレー(4走)の4冠を達成した。個人種目での自己ベスト更新はならなかったものの、先頭から約15m差の4番手でバトンを受けたお家芸のマイルリレーでは、前をまとめてごぼう抜きする活躍でフィナーレを飾り、強豪がひしめく近畿で2006年から続く同種目の同校による15連勝を達成。さらに学校対抗でも初優勝を目指した大塚(大阪)を2点差で振り切り13連覇に貢献した。

「本当に疲れましたが、先輩から受け継いだ伝統を後輩たちにつなげてよかった」と笑顔を見せる河内。ハードスケジュールとなる近畿大会での女子400m・800m・400mハードルの個人3冠は、同校の先輩・石塚晴子(2015年、現・LAWSON)に続く2人目の快挙だった。

大会初日の400mでは、先輩の川田朱夏(現・東大阪大4)が2017年にマークした53秒93の大会記録更新を目指したものの、ホームストレートの強い向かい風に阻まれ54秒67にとどまり悔しさをにじませた河内。続く2、3日目に行われた400mハードルでは「前半からまったく脚が合わず冷や冷やしました」との言葉通り、10台目の手前まで59秒28で2位に入った内藤香乃(北摂三田2兵庫)に先行を許す苦しい展開。だが、最後は意地で抜き去り2冠目をゲットした。

3、4日目に行われた個人最後の800mは、「ライバルも多く、一番不安の大きな種目で決勝の前は緊張した」と話すも、積極的なレースで最後まで先頭を譲らず2分08秒13で逃げ切りV。最後はマイルで締め、4種目いずれも予選から決勝まで計12本、6000mを全力で駆け抜け実力を示した。

滴る汗をタオルでぬぐいつつ、「府大会の時より疲れました」とポツリ。それでも、「ハードルの技術面など課題もたくさん見つかったので、夏のインターハイまでにしっかり修正して臨みたい。インターハイは今回よりさらにきつくなると思います。4冠が目標ですが、なかでも400mとマイルは絶対に負けたくない」ときっぱり。宮崎から単身、マイルリレー日本一を夢見て敬愛の門を叩いた。「苦手」と話す暑さを克服し、夏の福井でどんな走りを見せるか。9度の4×400mリレー優勝を誇る『敬愛のエース』から目が離せない。

◇佐藤圭汰が1500mと5000m2冠……

男子1500mと5000mに出場した注目の佐藤圭汰(洛南3京都)は、1500mを3分43秒54の大会新で制し、5000mは独走の中で13分57秒64をマークして圧巻の2冠を獲得。男子の最優秀選手にも選出された。100mでは灘高(兵庫)の藤江琉雅が10秒56(+0.3)で優勝した。200mを制した大阪の山田雄大は、4×100mリレー、4×400mリレーの3冠。110mハードルでは追い風参考ながら13秒台(13秒96/+2.3)をマークした小池綾(大塚3大阪)が、14秒00の松本望(洛南3京都)を抑えた。小池は走高跳との2冠を達成している。

女子100mは南こはる(奈良学園美ヶ丘・奈良)、200mは坂本実南(和歌山北・和歌山)という1年生がそれぞれ優勝。女子最優秀選手には、三段跳を12m68(+0.9)の大会新で制した宮繁愛葉(大体大浪商3大阪)が選ばれた。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは7月28日から8月1日まで福井県で開催される。

文/花木 雫



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com