月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子5000mは19年世界選手権5位のレンゲルクが制覇、1500mはリオ五輪女王・キピエゴンがV/ケニア選手権


ケニア選手権は6月18日に首都のナイロビで開幕し、初日に行われた女子5000mのL.K.レンゲルクが14分52秒18で優勝し、東京五輪への出場権を確保した。

レンゲルクは2019年ドーハ世界選手権5位の24歳。五輪の出場経験はない。リオ五輪銀メダリストで、世界選手権2連覇(19年ドーハ、17年ロンドン)のH.オビリが14分52秒51で2位に続き、こちらも東京五輪代表の資格を得た。五輪の出場権を争ったこのレースは、7位までが東京五輪の参加標準記録(15分10秒00)を上回った。

女子1500mは16年リオ五輪金メダルのF.キピエゴンが五輪参加標準記録(4分04秒20)を突破する4分02秒10で制覇。ディフェンディングチャンピオンとして東京に乗り込む見込みだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com