月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

インゲブリグトセンが5000m12分48秒45の欧州新 連戦のハッサンも女子1500mで好記録/DLフィレンツェ


 6月10日、ダイヤモンドリーグ第3戦の「ゴールデン・ガラ」がフィレンツェ(イタリア)で開催され、男子5000mではJ.インゲブリグトセン(ノルウェー)が12分48秒45の自己ベスト、今季世界最高で優勝。自身が持つ欧州のエリアレコードを塗り替え、欧州の選手として初めての12分台を達成した。インゲブリグトセンは2000年生まれの20歳。19年のドーハ世界選手権の1500mで4位、5000mで5位と2種目入賞を果たしている。東京五輪では1500mと5000mの日程が重なるため、1500mに照準を合わせる意向を示している。このレースには12分35秒36の世界記録を持つJ.チェプテゲイ(ウガンダ)も出場していたが、12分54秒69で6位だった。

女子1500mではS.ハッサン(オランダ)が3分53秒63で勝利。ハッサンは4日前の6日に10000mで29分06秒82の自己ベストで世界記録を樹立したばかりだが、8日にはL.ギデイ(エチオピア)がそれを上回る記録を(29分01秒03)叩き出すという波乱に富んだ1週間を経験した。19年ドーハでは1500mと10000mの2種目で金メダルを獲得したが、東京五輪では5000m、10000mの出場を計画している。

男子110mハードルは16年リオ五輪優勝のO.マクレオド(ジャマイカ)が今季世界最高の13秒01(-0.1)、女子100mハードルでは今季リストトップのJ.カマチョ-クイン(プエルトリコ)が12秒38(-0.8)でそれぞれ優勝し、いずれも大会新記録だった。

女子400mハードルを制したF.ボル(オランダ)は自己ベストの53秒44でオランダのナショナルレコードを更新。男子3000m障害はS.エル・バッカリ(モロッコ)が今季世界最高の8分08秒54で優勝した。
女子200mでは19年ドーハ世界選手権金メダルのD.アッシャー・スミス(英国)が22秒06(+0.2)のシーズンベストで快勝。女子円盤投は五輪2連覇(12年ロンドン、16年リオ)、世界選手権でも2度優勝しているS.ペルコビヴィチ(クロアチア)が68m31で優勝、こちらもシーズンベストだった。

6月下旬は多くの国で国内選手権が行われるため、次回のダイヤモンドリーグは7月1日にオスロ(ノルウェー)で行われる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com