月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子やり投・小椋健司が待望の80m超え!日本選手権で「五輪の標準を狙いたい」/デンカチャレンジ


◇Denka Athletics Challenge Cup2021(6月6日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズのデンカチャレンジ、男子やり投で新たな大台突破スロワーが誕生した。優勝したのは小椋健司(栃木県スポーツ協会)。1回目に79m26を投げると、2回目に日本歴代8位となる81m63を投げた。小椋はさらに6回目にも80m84を投げた。

「しっかり自己ベストを投げられて満足しています」と小椋。シーズン前から「今年はしっかり練習できているので、大きい記録が出そう」と話していた通り、大学4年時に78mを超えて近づいてから、ついに待望の80mスロワーの仲間入りを果たした。

この試合では「助走のスピードを上げて、しっかり振り切れた」ことで81m。6回目は「記録を狙って投げられた」と言うように、“一発”ではなかったことは高く評価できる点だろう。

鳥取・倉吉総産高時代からインターハイ3位など実績を残り、そのポテンシャルは高く評価されてきた逸材の一人。日大4年時にはユニバーシアード代表に。だが、日本インカレは2度2位などタイトルになかなか届かず。日本体育施設、栃木県スポーツ協会と所属先を変えながらも、母校・日大でコツコツと努力を重ねてきた。19年には織田記念優勝、日本選手権2位で、79m36と記録を伸ばしたが、大台にあと一歩届かず。

春先には「いつも後輩たちに先を良い記録を出されているので、そろそろ」と語っていた小椋。「安定して記録を出せてきているので、日本選手権までに80mを超えられてよかった。日本選手権では(ワールドランキングのための)ポイントも意識しつつ、標準記録の85mを超えられるように狙っていきたいです!」と宣言。日本人10人目の80mスロワーは、まだまだ記録を伸ばしてきそうだ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com