月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子やり投・上田百寧が2度目の大台!日本歴代6位の61m75で「64m近づいてきた」/デンカチャレンジ


◇Denka Athletics Challenge Cup2021(6月6日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズのデンカチャレンジ、女子やり投は大学4年生の上田百寧(福岡大)が優勝を飾った。

6月1日の木南記念で60m38と初めて60mを超えていた上田。持ち味の助走スピードを生かした投げでもっか急成長中の期待のスロワーだ。「すごく調子が良かった」という上田。だが、「調子が良すぎて助走スピードが上がりすぎてしまった」と、1投目55m51、2投目も54m35にとどまる。「投げのタイミングが合わなかったので、少し抑え気味に助走して、ラストクロスでしっかりやり先に力を込めることだけを意識した」。5投目に57m98を投げると、最終投てきで61m75のビッグスロー。日本歴代6位、学生歴代4位の快投だった。

奇しくも、同学年のライバルである武本紗栄(大体大)が前日の学生個人選手権で62m39を投げた。「ライブ配信で見ていて、私も負けていられないなと。できれば抜きたかったけど」と苦笑い。それでも、「これまで(東京五輪の参加標準記録)64m00は見上げるような感じでしたが、どんどん近づいてきた。超えられると思っています」と強い姿勢を見せる上田。「日本選手権では最低64mを投げないと勝てない」と、日本選手権で特大のビッグスローで初優勝とオリンピック切符をつかむつもりだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com