月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

大迫傑が小中学生とオンラインイベントで交流 米国での「苦い経験」も明かす


オンラインイベントで小中学生と交流した大迫傑(Nike、右/アミューズ提供)

 東京五輪男子マラソン代表の大迫傑(Nike)が6月5日と6日の2日間、アミューズが主催するオンラインイベント「大迫傑 アスリートのグローバル・コミュニケーション教室 supported by マニュライフ生命」に出席し、参加した小中学生に異文化コミュニケーションを恐れないことの大切さを訴えた。

 スポンサー契約をしているマニュライフ生命が特別協賛となり、インターナショナルスクール「グローバルステップアカデミー」のネイティブ講師と慶大競走部OGのタレント・宇佐美菜穂さんとともに陸上競技でよく使われる英語表現や、自身の渡米経験などを紹介した。大迫は早大卒業後の2014年から米国を拠点に活動しているが、渡米した当初は「英語をまったく知らない状態」。メールでの指示を正確に理解できずに練習場所を間違えたことが「苦い経験」だったと言う。

 それでも、英会話スクールに通うなどして言語の壁を少しずつ克服。「最初は大変だけど、間違った英語でも自分からコミュニケーションを取ろうとすることが大切」と力説した。

 参加した中学生との質疑応答では「日本人の勤勉さなど、どういうところが優れているか考えながら戦っている」「マラソンの後は1、2週間休むけど、普段はあまり完全休養はしない」と、自身の経験に基づいた競技面のアドバイスも送った。

「経験してきたことをリアルに伝えたかった。海外に興味を持つ人が1歩を踏み出すきっかけになれば」と大迫。東京五輪を2ヵ月後に控える中で後進の育成にも意欲的だった。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com