月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田澤廉、連続27分台も五輪標準に届かず「決めた目標クリアできず悔しい」/デンカチャレンジ


◇Denka Athletics Challenge Cup2021(6月6日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズのデンカチャレンジ、男子10000mが行われ、東京五輪を目指して田澤廉(駒大)が出場した。国内の外国人選手をペースメーカー代わりにし、1000mを2分42秒で通過。その後も1周65~67秒の少しの上げ下げのあるなかで走り、5000mは13分46秒。だが、徐々にペースが落ち、最後は27分52秒52でトップでフィニッシュした。

「自分の決めた目標をクリアできず残念」と田澤。東京五輪の参加標準記録27分28秒00を一つの目安に走ったが、腰の違和感など「故障明けだった」ことも明かす。しかし、「いかに良いコンディションでいけるかだったので厳しかったが、それも踏まえて(の挑戦)。いいわけになるので」と、2試合連続27分台にも悔しがった。

それでも挑戦したのは「オリンピックを最後まであきらめたくなかった」から。「27分は当たり前で、27分30秒はそんなに高くないし、そういう選手だという自覚を持って練習に取り組みたい」という田澤。すでに10000mでは参加標準記録を突破している選手がターゲットナンバー以上の30人を超えている。辞退選手が増えればワールドランキングでもわずかな可能性を残すが、現時点で東京五輪の出場圏内には入れていない。

今後は「学生トップは目標ではなく最低限。実業団の日本トップ選手にどれだけ近づけるかを目標にやっていきたい」。駒大のエース、そして主将として「良い流れが来ているので、自己ベストを更新している選手たちに刺激を与える走りをしてチームを引っ張りたい」と、秋以降に向けて、さらに自分に厳しく努力を重ねていくつもりだ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com