月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子200mは兒玉芽生がサードベストの23秒72で競り勝つ/木南記念


◇木南記念(6月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

サトウ食品日本グランプリシリーズの木南記念、女子200mは兒玉芽生(福岡大)が23秒72(-0.7)で優勝した。

5月上旬の世界リレー女子4×100mで2走を務め、日本の4位入賞と東京五輪出場権獲得に貢献した兒玉。同じ世界リレーでアンカーを務めた鶴田玲美(南九州ファミリーマート)と競り合いながらも、0.07秒先着した。

兒玉は「23秒前半は行きたかったですね」と話しつつも「前半の加速は昨年より少し良かったです」と一定の手応えはつかんだ様子だ。

この春は個人種目よりも世界リレー出場に向けた日々を送ってきた。「リレーに懸けてきたことに後悔はなかった。昨年、日本選手権(100m)で優勝して引っ張らないといけないと思いましたし、(東京五輪の)可能性にはチャレンジしないといけないと思いました」。決して前評判は高くなかったが、世界リレー出場権を獲得すると、本大会では決勝に進み、2012年ロンドン大会以来の五輪切符を手にした。

世界リレー後、隔離期間を経て臨んだ初レースで自己3番目のタイムをマーク。個人レースとなれば、3月下旬の世界リレートライアル以来だ。「試合を重ねることでスピードやキレが増す」タイプと自己分析しているだけに、日本選手権はさらに好記録が臨めそうだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com