月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100mH日本新の寺田明日香「目指してきた動きが染みついてきた」/木南記念


◇木南記念(6月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

サトウ食品日本グランプリシリーズの木南記念、女子100mで予選12秒87の日本新を樹立した寺田明日香(ジャパンクリエイト)。決勝でも12秒8台となる12秒89(+0.3)と見事な走りを見せた。以下、寺田のレース後のコメント。

「予選で12秒87で走って、その時は横風でした。午後(決勝)は風が変わればいいなと思ったのですが…。午後は(0.3mで)ほぼ地力の中で12秒8台を出せたのは良かった。(5月9日の)東京五輪テストイベントで(ハードリングで)浮いていたところを抑えられた。コンディションも崩さずにやってこられている。新しい動きというよりは、目指してきた動きが染みついてきた。一つひとつ考えなくてもできるようになってきたと思う。6月6日の布勢スプリントでまた上げていきたい」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com