月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

サニブラウンは棄権 ブロメルが9秒92でV 男子110mHでマクレオドが13秒11/Sound Running Track Meet

5月15日、米国カリフォルニア州アーバインで「Sound Running Track Meet」が行われ、男子100mで9秒97の日本記録保持者のサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)がエントリーしていたものの棄権した。レースは今季世界最高の9秒88をマークしているT.ブロメル(米国)が9秒92(+1.5)で優勝した。
サニブラウンは19年世界選手権以来レースから遠ざかっているが、100mと200mで東京五輪の参加標準記録を突破しており、6月24日からの日本選手権で3位以内に入れば、代表に内定する。
また、同大会では男子110mハードルで16年リオ五輪金メダリストのO.マクレオド(ジャマイカ)が今季世界2位の13秒11(+1.4)をマークした。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com