月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

白石黄良々が男子100m制覇、男子棒高跳・江島が実業団大会デビュー戦飾る/東日本実業団選手権


◇第63回東日本実業団選手権(5月15日~16日/埼玉・熊谷文化スポーツ公園競技場)

第63回東日本実業団選手権は、昨年はコロナ禍の影響で中止となったが、今年度は無観客ながら2年ぶりに開催された。その1日目が5月15日に行われ、男子100mは白石黄良々(セレスポ)が10秒47(-0.9)で快勝した。

昨年から足底やアキレス腱の痛みに悩まされていた2019年ドーハ世界選手権4×100mリレー銅メダルメンバーは、今季も春の主要大会に出場できていなかった。しかし、4月中旬に100mの記録会に出て以来、1ヵ月ぶりの今季2戦目でしっかりと結果を残し、東京五輪代表入りへ最後の勝負に懸ける。

男子棒高跳ではドーハ世界選手権代表の江島雅紀(富士通)が実業団大会デビュー。日大の先輩・澤慎吾(きらぼし銀行)と5m40で並んだが、無効試技数差で抑えて優勝した。


男子1500mは2位の森田佳祐(小森コーポレーション、右から4人目)が3分41秒44、3位の牟田祐樹(日立物流、その右)が3分41秒98でいずれも大会新をマークした。右端は優勝したジャスティス・ソゲット(Honda)

男子やり投は小椋健司(栃木スポ協)が4投目に79m27の大会新をマークし、今季80mスローを連発している小南拓人(染めQ)を抑えた。ジャスティス・ソゲット(Honda)が3分39秒12で制した同1500mは2位以下の日本人選手も好タイム。2位の森田佳祐(小森コーポレーション)が3分41秒44、3位の牟田祐樹(日立物流)が3分41秒98でいずれも大会新、4位の野口雄大(小森コーポレーション)は3分42秒69の大会タイをマークした。

今季好記録が続出しているスプリントハードルは、男子110mハードルは石川周平(富士通)が向かい風2.3mながら13秒69、女子100mハードルは鈴木美帆(長谷川体育施設)が13秒35(-0.9)でそれぞれ制した。

女子5000m競歩には東京五輪代表・岡田久美子(ビックカメラ)が出場し、21分03秒22で貫録勝ち。男子5000m競歩は野田明宏(自衛隊体育学校)が19分32秒41で圧勝した。

女子100mは今季好調の高橋明日香(アスレティクスジャパン)が12秒16(-1.8)で優勝、日本記録保持者の福島千里(セイコー)は5位にとどまった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com