月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京パラ代表・唐澤がT11男子5000mで17年ぶり世界新!!/東日本実業団


◇第63回東日本実業団選手権(5月15日~16日/埼玉・熊谷文化スポーツ公園競技場)

東日本実業団選手権の2日目、最初の決勝種目として行われたT11・T12・T13(視覚障がい)男子5000mで、東京パラリンピック代表の唐澤剣也(群馬社福事業団)が15分09秒94の世界新記録をマークした。従来の記録は2004年にヘンリー・ワニョイケ(ケニア)がアテネ・パラリンピックで作った15分11秒07で、14年ぶりの更新。同じ東京パラリンピック代表で、同種目のアジア記録(15分11秒79)を持っていた和田伸也(長瀬産業)に8秒近い差(15分17秒41で2位)をつけ、地元での大舞台に弾みをつけた。

唐澤は1994年7月3日生まれの26歳。18年のアジア・パラ競技大会5000m金メダル・1500m銅メダル。19年にアラブ首長国連邦のドバイで開催された世界選手権の5000mで銅メダルを獲得し、東京パラリンピック代表に内定していた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com