月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400mHで宇都宮絵莉が日本歴代6位タイの56秒50 「心動かされた」七種競技にも再び挑戦!/東京五輪テストイベント


◇東京五輪テストイベントREADY STEADY TOKYO/世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールド(5月9日/東京・国立競技場)

東京五輪テストイベントの女子400mハードル決勝は、宇都宮絵莉(長谷川体育施設)が優勝。56秒50は3年ぶりの自己新で、日本歴代6位タイにランクインした。

5月3日の静岡国際では「7~8台目のとこで先行する選手に差を広げられた」と課題を挙げた宇都宮。その反省から「まずは前半からしっかり走って、中盤以降で攻めた走りをする」と臨んだ。久しぶりの自己新に「自己ベストは常に目指していますが、前回と違って予定通りに進めた結果の記録。納得いくもの」と充実の表情を浮かべる。スピードがついたことで、「5台目くらいまで余裕を持っていけるようになった」と言う。

高校時代は走幅跳でインターハイ優勝、大学に入ってからは七種競技と400mハードルで高いレベルを誇ってきたマルチアスリート。3年前も七種競技、400mハードルで飛躍した。だが、その時は「勢いだった」と宇都宮。そこから2年は「考え過ぎてしんどい時期」を過ごした。

今季、好調なのは再び原点に戻ったから。昨年の日本選手権混成のライブ配信を視聴し、「心が動かされた。やっぱり七種が好きで、やりたい」。東京五輪に向けて400mハードルに専念しようと試みたが、「そこばかりに固執して芯がスカスカになった。400mハードルで(世界を)目指すためにも混成が必要だと思った」と言う。そのため、3月に七種競技に出場して5379点をマーク。6月の日本選手権・七種競技にも「出ます」と宣言した。10日後に400mハードルの日本選手権が控えており、「リスクがある」のは百も承知だ。

「参加標準記録の55秒40は少し遠いけど、ワールドランキングでの五輪出場も視野に入れています。七種競技の日本選手権も自分で決めたこと。最後までやり切りたい」

陸上競技が大好きだからこそ、走って、跳んで、投げて、そしてまた走る。その結果、記録につながると信じている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com