月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

伊藤達彦10000mVで五輪決める 両大腿骨疲労骨折、肉離れから急仕上げ/日本選手権


日本選手権男子10000m(5月3日/静岡)が行われ、伊藤達彦(Honda)が27分33秒38で優勝。すでに東京五輪の参加標準記録27分28秒00を突破していたため、初の東京五輪代表に内定した。

「優勝しか狙っていなかった。目標としていた優勝で五輪内定を決められてうれしく思います」。力強い言葉の裏には壮絶な逆境を乗り越えた自信があった。実は全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)を走っている最中に、両大腿骨疲労骨折と右ハムストリングスを肉離れしていたことを明かす。「正直あきらめていた」。なかなか快方に向かわず、3月の頭から練習を再開。走れない間はトレーナーの指導のもとで補強に努めた。

「スタミナもスピードも落ちていると思ったが、ポイント練習をしているうちに予想以上に戻ってきた」と言うように、驚異的な回復力で仕上げてきた。この大会に向けても「昨年の日本選手権前よりも速いタイムで調整できた」と、逆境を乗り越えて進化した。

仕掛けたのは残り600m付近。駒大の田澤廉と鈴木芽吹と競り合いになったのは「想像していなかった」が、冷静に対応。「少しペースが落ちたところで仕掛けた」と、さすがのラストスパートを見せた。

これで、ライバルの相澤晃(旭化成)とともにオリンピックの舞台に立つ。その存在を支えにし、「絶対に代表を決めてやると思った。オリンピックでは相澤選手にだけは負けたくない」と、強い闘志を隠そうとはしない。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com