月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

20歳の廣中璃梨佳2度目の10000mで東京五輪決める「自分らしい走りが最後までできた」/日本選手権


日本選手権女子10000m(5月3日/静岡)が行われ、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が日本歴代7位となる31分18秒18で優勝。東京五輪の参加標準記録31分25秒00を切って3位以内という条件を満たし、東京五輪代表に内定した。

昨年12月の悔しさが廣中を突き動かした。日本選手権5000mで参加標準記録を突破していたが、田中希実(豊田自動織機TC)との競り合いの末に敗れ、その時点での代表を逃した。「本当に悔しくて、その後は脚の痛みもあって、苦しい2ヵ月を過ごしました。目標を失う時もあった」と廣中。だが、「周囲の励ましの言葉で前を向けた」と、気持ちを切り替えた。

10000mに初めて挑戦したのが4月の金栗記念。そこでは31分30秒03をマークし、日本選手権の切符を手にした。だが、「10000mでオリンピックを目指すというよりは、5000mのための10000m」という位置づけ。だが、初10000mでの好記録に「狙えるなら確実に狙おう」と10000mでの五輪代表をターゲットに置いた。

「後悔しないレースを」とスタート。自分でレースを作り、中盤からは安藤友香(ワコール)と引っ張り合うようなかたちに。「ラストは出し切れた。安藤さんにありがとう、という気持ち」と同じく2位で代表入りを決めた安藤に感謝する。

もちろん、5000mでも代表入りを狙う。6月の日本選手権に向けて「少しずつスピードを磨いて、5000mでも自分らしい走りをして世界で戦えるようにしたい」と廣中。この夏、20歳の若きホープは、「高校時代に世界を経験して視野が広がった」と目を向けた世界の舞台に立つ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com