月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界選手権代表・安部孝駿が300mHで35秒50の日本最高!やり投新井は79m20でシーズンイン


3月7日に沖縄春季記録会が行われ、日本トップ選手たちが出場した。男子400mハードルでドーハ世界選手権準決勝に進んだ安部孝駿(ヤマダホールディングス)が300mハードルに出場。35秒50の日本最高記録をマークした。従来の記録は千葉佳裕(富士通、現・城西大監督)が2003年にマークした35秒54。男子やり投には日本選手権7連覇中の新井涼平(スズキAC)が出場し79m20だった。

女子100mには土井杏南(JAL)が出場し、12秒29(+2.5)でシーズンイン。昨季はケガが続き、日本選手権予選1本のみの出場となっていた。女子やり投には17年ロンドン世界選手権代表の斉藤真理菜(スズキAC)が出場して55m25の2位。トップは56m71の自己新を投げた長麻尋(国士大)で、学生最終シーズンを前に本領発揮の気配が漂う。男子ハンマー投では中川達斗(九州共立大)が学生歴代8位タイとなる69m61を投げている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com