月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

鹿児島の室内競技会に山縣亮太、高山峻野らが出場! 国内トップ招待選手19名発表


2月28日に鹿児島県大崎町で開催される室内競技会「2021 Japan Athlete Games in Osaki」の招待選手が主催者より発表。男子100mの山縣亮太(セイコー)ら豪華トップ選手が名を連ねた。

2019年4月に完成した日本初の陸上競技特化型トレーニング施設「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅(JATCO)」が会場で、現在、国内では唯一の公認100mトラックなどを備えており、多くの選手たちが合宿などを行っている大型施設で、東京2020大会のホストタウンとして海外チームの合宿受け入れも予定されている。

今大会は「大崎町陸上競技の聖地創り実行委員会」が中心となり、クラウドファンディングを活用して開催に至った。本来2020年に国体が開催される予定だった鹿児島だったが、コロナ禍で延期。そんな中で「鹿児島県の未来に羽ばたく学生選手らにトップアスリートと共に競技をする場を提供し、鹿児島県の陸上競技の発展や普及を目指す」目的でプロジェクトが立ち上がった。

山縣のほかにも、男子110mハードルで日本記録を持つ高山峻野(ゼンリン)、走幅跳日本記録保持者の城山正太郎(同)、女子100mハードルの青木益未(七十七銀行)、木村文子(エディオン)が出場予定。さらに、十種競技の右代啓祐(国士舘クラブ)、中村明彦(スズキAC)も単独種目に複数エントリー。女子100mには地元期待の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)も出場予定だ。また、パラ種目も実施される。

大会は無観客だが、全競技オンラインで配信される。

●招待選手一覧
・一般男子
100m・110mH・棒高跳・走幅跳
中村明彦(スズキAC)
110mH・棒高跳
右代啓祐(国士舘クラブ)
100m
山縣亮太(セイコー)、藤光謙司(東京陸協)
110mH
高山峻野(ゼンリン)
棒高跳
山本聖途(トヨタ自動車)、江島雅紀(日大)
走幅跳
城山正太郎(ゼンリン)
・一般女子
100m
鶴田玲美(南九州ファミリーマート)
100mH
青木益未(七十七銀行)
木村文子(エディオン)
・パラ男子
100m・走幅跳(T63)
山本篤(新日本住設)
100m・走幅跳(T64)
又吉康十(ゼンリンデータコム)
100m(T64)
井谷俊介(SMBC日興)
走幅跳(T47)
芦田創(トヨタ自動車)
・パラ女子
100m・走幅跳(T63)
前川楓(チームKAITEKI)
100m(T47)
三須穂乃香(ジール)
走幅跳(T63)
大西瞳(スタートライン)
走幅跳(T64)
高桑早生(NTT東日本)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com