月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mHシュベンコフにドーピング違反の可能性 世界陸上4大会連続メダル


男子110mハードルのS.シュベンコフ(ロシア)がドーピング違反で4年間の資格停止の可能性が浮上していると現地メディアが報じている。報道によると、シュベンコフの提出した検体からフロセミドが検出されているという。この物質は利尿剤として使用されるほか、マスキング剤(禁止薬物の隠蔽のために使われる薬剤)としての作用もある禁止物質となっている。

シュベンコフは2015年北京世界選手権の金メダリストで現在30歳。世界選手権では13年モスクワ大会から19年ドーハ大会まで4大会連続でメダルを獲得している。自己記録12秒92は世界歴代10位。

ロシア選手団は15年に組織的ドーピングが表面化した影響により、国際大会出場の資格停止処分が下されているが、シュベンコフは中立選手(ANA)として主要大会に出場してきた。すでにロシアは国際大会出場の2年間の禁止処分が確定しており、現在は国際舞台への復帰に向けて体制立て直しを図っているところ。今後の動向によって大きな影響を与える可能性が高い。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com