月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】福田穣NNランニングチーム調印式 福岡国際へ「一番自信がある」


世界トップクラスの長距離ランナー60人が在籍する「NNランニングチーム」に、2019年マラソングランドチャンピオンシップのファイナリスト(22位)・福田穣がアジア人としては初めて加入することが発表され、11月18日に都内で契約書への調印式と記者発表会が開かれた。

発表会にはエヌエヌ生命保険のチーフエクスペリエンスオフィサー・信岡良彦氏が出席したほか、オランダにあるトップアスリートのマネジメント会社であるグローバルスポーツコミュニケーションのマーレーン・ヴィンク・レニングス氏、ハーフマラソン世界記録保持者のジョフリー・カムウォロル(ケニア)がリモート出演。信岡氏が「福田選手が世界でさらに強く輝けるのを楽しみにしています」とエールを送ると、レニングス氏とカムウォロルも歓迎の言葉を述べた。

記者発表会にリモート出演したハーフマラソン世界記録保持者のジョフリー・カムウォロル(ケニア、右)とグローバルスポーツコミュニケーションのマーレーン・ヴィンク・レニングス氏(下)

調印式で契約書にサインをした福田は「世界最高のチームの一員になれたことに誇りを持ち、私も世界中のランナーに元気を与えられる走りをしたい」と決意を語り、出場を予定する12月6日の福岡国際マラソンでは「優勝を狙いたい」ときっぱり。10月からは同じく福岡国際に出場する神野大地(セルソース)とともに長野・富士見高原で藤原新氏(スズキアスリートクラブ男子マラソンヘッドコーチ)の出す練習メニューをこなしており、「(過去2回出場した福岡国際で)一番自信がある。今までと違って(1km)3分ペースでも余裕がある」と手応えを明かした。

長期的な目標としては「世界選手権やアジア大会などで日の丸をつけて、次のオリンピックでは代表になれるように」と福田。12月には30歳になるが、「まだまだチャレンジできる年齢だと思っている。一緒に生活することでハイパフォーマンスを維持する力を学びたい」と、〝チームメイト〟となった世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア、36歳)らを追いかけるつもりだ。

<関連記事>
【マラソン】プロランナーの福田穣が「NNランニングチーム」加入 キプチョゲとチームメイトに



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com