月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【今日は何の日?】日本初のオリンピック予選開催 三島弥彦が3冠(1911年)


気まぐれに陸上界の歴史を振り返る!
「今日はの日?」

今から100年以上の前のこと。1911年(明治44年)11月18日・19日の2日間、東京・羽田運動場で歴史に残る競技会が開催された。「国際オリムピック大選手予選会」である。

1912年ストックホルム五輪の日本代表を選抜する大会で、創立間もない大日本体育協会が主催した。行われたのは、男子の陸上競技13種目のみ。学生を中心に91名が全国から集まった。決勝種目が組み込まれた大会2日目。朝から曇り空で、徐々に小雨が降り出した。

予選会の結果、100m、400m、800mで3冠を成し遂げた三島弥彦と、マラソンで世界記録2時間32分45秒0(非公認)を出した金栗四三が、ストックホルム五輪代表に選出。この2人が、日本にとって初めてのオリンピアンとなる。

なお、この大会で行われた種目の多くの記録は、最初の「日本記録」として刻まれており、三島は100m12秒0、400m59秒6、800m2分19秒2で駆け抜けている。

写真/ストックホルム五輪の開会式で国旗を持つ三島弥彦



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com