月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】世界陸連がコロナ禍で開かれた大会「Covidインスピレーション賞」の候補を発表


世界陸連(WA)がWAアスレチック・アワードのCovidインスピレーション賞の候補を発表した。新型コロナウイルスの影響により多くの競技会が中止し、シーズンが中断した中で、その苦難に負けじと開かれたイベントを表彰するもので、挙げられているのは以下の3大会。表彰の対象となるのは主催者である。

・ヘラクレスEBSワンダダイヤモンドリーグ モナコ大会
 主催者は前例のない公衆衛生と安全の懸念、世界的な渡航制限、予算削減を克服し、8月14日のこの大会でシーズン再開が実現。チェプテゲイによる男子5000mの世界新をはじめ、14の今季世界最高記録が出され、そのうち11はシーズン終了にいたるまで今季最高の記録である。

・アルティメットガーデンクラッシュ(R.ラビレニー〔フランス〕)によるオリジナルアイデア)
男女棒高跳、トライアスロンイベントを5週間に渡ってライブビデオを介して実施。5月3日のS.ケンドリックス(米国)、A.デュプランティス(スウェーデン)、ラビレニーの対決は3月に世界的なロックダウンが実施されて以来、世界初の高レベルの「ライブ」大会となり、最初の24時間で90ヵ国以上、100万人以上の視聴者が集まった。

・世界ハーフマラソン グディーニャ(ポーランド)大会
今年唯一の国際規模の選手権大会。当初3月の実施予定だったが、主催者は絶えず変化する状況に適応し、WAと協力し、開催が実現した。最終的に10月17日に実施され、54チームから225選手が参加した。P.ジェプチルチル(ケニア)が1時間5分16秒の女子単独レースでの世界記録を樹立するなど、高水準の記録が出された。

受賞者はSNS(Facebook、Instagram、Twitter)の一般投票によって決定する。投票は11月15日の深夜(現地時間)に終了。結果は12月5日に開催されるWAアスレチック・アワード 2020 で発表される。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com