月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】来年の大阪国際女子マラソン 1月31日に開催決定 参加資格を厳しく設定し規模縮小

日本陸連は、来年の第40回大阪国際女子マラソンを2021年1月31日に開催することを決定したと発表した。主催者側は「国内外ともにロードレースの開催が困難な状況ですが、新型コロナウイルス観戦予防対策に取り組みながら、オリンピックイヤー最初の競技マラソンとして、競技者が安全に、そして安心して参加できる最善の形態を検討」し、大会要項を作成。

例年、招待・一般も含め500人弱のランナーが大阪市内を走るが、今回は参加人数を絞るため、招待選手、ネクストヒロイン枠を除く参加条件として、マラソン2時間50分以内(昨年3時間10分以内)、30km1時間58分以内(同2時間11分以内)、ハーフ1時間17分以内(同1時間28分以内)、10000m、10km35分以内(同37分以内)の女性競技者と設定され「大幅に参加資格を厳しく」している。また、沿道での密集を避けるため、沿道応援の自粛を呼びかける。

開催にあたり、「参加人数等の規模は縮小されますが、大会自体は例年以上に、女子マラソン界が一丸となり、五輪へ挑む姿勢を新たな試みも含め示していきます」と強い決意をあらわす構え。レースは1月31日、12時10分スタートで、ヤンマースタジアム長居発着で行われる。なお、すでに東京五輪マラソン代表は3枠が決定しているため、今大会は選考に含まれない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com