月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【TF】7月から10月4日までの競技会終了後の新型コロナ感染者1名のみ 787大会調査 陸連発表


日本陸連は11月9日、ホームページ上で新型コロナウイルスの競技会開催の実態調査報告を公開し、競技会終了後2週間以内に新規感染者が報告されたのは1名だった。

調査は日本陸連主催大会および各加盟・協力団体が開催する7月の競技会再開以降、10月4日までの競技会を対象とし、全国787大会において実施された。対象となった53団体のうち11月6日までに47団体から回答を得られ、参加数は選手が57万1401人、役員・審判など関係者9万8035人(いずれも延べ数)で、529大会は無観客で開催されている。

日本陸連は「引き続き、感染リスクを最小限に抑えた競技会運営を心がけるとともに、スポーツ界全体が一歩一歩進んでいけるよう尽力いたします」とし、今後は各加盟・協力団体の競技会実施におけるガイダンス・ガイドライン等も公開していくとしている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com