月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【TF】〝サニブラウンに勝った男〟五十幡亮汰が日本ハムからドラフト2位指名


2013年愛知全中男子200mでサニブラウン・A・ハキーム(左)を抑えて優勝を果たした五十幡亮汰(手前)

 10月26日に東京都内のホテルでプロ野球のドラフト会議が行われ、2013年全中愛知大会男子100m、200mの2種目を制し、現在は中大野球部に所属する五十幡亮汰が日本ハムから2位で指名された。

 五十幡は小学1年生から野球を始め、埼玉・長野中学時代にはU15の日本代表としても選出されるなど早くから俊足の外野手として野球界で注目されていた逸材。野球(シニアリーグ)で活躍するかたわら陸上競技の試合にも出場し、中学1年時にはジュニア五輪100mで2位に入賞。3年時の全中では100m10秒92(-1.0)、200m21秒81(+0.9)で優勝を果たし、その快足は中学陸上界を席巻した。全中では100m現日本記録保持者のサニブラウン・A・ハキームも出場しており、100m3位、200m2位。サニブラウンが2017年世界選手権で200m7位に入賞してからは〝サニブラウンに勝った男〟としてメディアで紹介されることも多くなっていた。


五十幡(左端)は埼玉県代表として2013年東京国体4×100mRにも出場。リオ五輪代表、ロンドン世界選手権銅メダリストの藤光謙司(右端)らとバトンをつなぎ優勝に貢献した

 2冠達成後の優勝インタビュー時から「陸上への未練はありません」と話していた五十幡は、中学卒業後、佐野日大高(栃木)-中大と進学。2019年秋東都大学リーグで最多の9盗塁を記録するなど、俊足を生かした走塁や広い守備範囲で複数球団のスカウトから高い評価を得ていた。

◎いそばた・りょうた/1998年11月27日生まれ、埼玉県出身
陸上競技での主な実績
2011年(中1) ジュニア五輪C100m 2位
               4×100mR2位
2012年(中2) 全中100m   準決勝落ち
2013年(中3) 全中100m       優勝
           200m       優勝
         ジュニア五輪4×100mR 優勝
         国体    4×100mR 優勝
自己ベスト:100m10秒79、200m21秒81(いずれも2013年)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com