月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】川内優輝が800mと1500mで力走 福岡国際マラソンに向け手応え

マラソンの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が10月27日のミドルディスタンス・チャレンジ(東京・駒沢)の800mと1500mに出場した。

800mは昨年8月以来、自身2度目の実戦となり、2分02秒97(組5着)。約2時間後の1500mは3分56秒22(組6着)だった。

「800mでスパイクを履いて疲労があったため、1500mはレースシューズで走りました。やっぱりレースシューズのほうが走りやすいですね」と川内。春からマラソンレースが軒並み中止となり、マラソンを練習の一環として積んでいくスタイルの川内にとって厳しい状況が続いたが、「そういう期間も高地や河川敷でいい練習ができています」と話し、「こういったトラックレースも平日に開催していただけてありがたい」と絶好の機会にした。

川内は12月6日の福岡国際マラソンに招待選手としてエントリー。「ここからトラックも含めてバランスよく練習を積んでいき福岡に臨みたい」と意気込みを語った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com