HOME 海外

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93
ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

24年5月のAdizero Road to Recordで優勝したケジェルチャ

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。

ケジャルチャは東京五輪金メダルのS.バレガや世界大会入賞常連のB.アレガウィらとともに先頭集団を形成。5000mを13分17秒のペースで通過した。ラスト200mでアレガヴィがわずかにリードしたが、最後の直線でケジェルチャがかわしてトップでフィニッシュした。

アレガヴィも世界歴代8位の26分31秒13で2位。バレガが26分34秒93で3位となり、上位3人は東京五輪代表と同じ顔ぶれとなっている。

また、4位には17歳のB.メハリーが26分37秒93でフィニッシュ。05年にサムエル・ワンジル(ケニア/当時・トヨタ自動車九州所属)が樹立した26分41秒75のU20世界記録を19年ぶりに更新した。

女子はF.テスファイが29分47秒71の自己新で快勝。T.ゲブレセラマが29分49秒33、ブダペスト世界選手権銅メダルのE.タイェが29分50秒52で3位に続いた。ブダペスト世界選手権金メダルのG.ツェガイ、東京五輪金メダルのL.ギデイはこのレースには出場していなかった。

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京五輪金メダルのS.バレガや世界大会入賞常連のB.アレガウィらとともに先頭集団を形成。5000mを13分17秒のペースで通過した。ラスト200mでアレガヴィがわずかにリードしたが、最後の直線でケジェルチャがかわしてトップでフィニッシュした。 アレガヴィも世界歴代8位の26分31秒13で2位。バレガが26分34秒93で3位となり、上位3人は東京五輪代表と同じ顔ぶれとなっている。 また、4位には17歳のB.メハリーが26分37秒93でフィニッシュ。05年にサムエル・ワンジル(ケニア/当時・トヨタ自動車九州所属)が樹立した26分41秒75のU20世界記録を19年ぶりに更新した。 女子はF.テスファイが29分47秒71の自己新で快勝。T.ゲブレセラマが29分49秒33、ブダペスト世界選手権銅メダルのE.タイェが29分50秒52で3位に続いた。ブダペスト世界選手権金メダルのG.ツェガイ、東京五輪金メダルのL.ギデイはこのレースには出場していなかった。

男子10000m世界歴代10傑

26.11.00 J.チェプテゲイ(ウガンダ)  2020.10. 7 26.17.53 K.ベケレ(エチオピア)    2005. 8.26 26.22.75 H.ゲブルセラシェ(エチオピア)1998. 6. 1 26.27.85 P.テルガト(ケニア)     1997. 8.22 26.30.03 N.ケンボイ(カタール)    2003. 9. 5 26.30.74 A.ディンケサ(エチオピア)  2005. 5.29 26.31.01 Y.ケジャルチャ(エチオピア) 2024. 6.14 26.31.13 B.アレガウィ(エチオピア)  2024. 6.14 26.33.84 G.フィッシャー(米国)    2022. 3. 6 26.33.93 J.キプリモ(ウガンダ)    2021. 5.19

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

やり投・北口榛花スイッチ入った!また6回目に逆転V!今季自己最高の65m21/DLモナコ

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)第9戦・モナコ大会が7月12日に行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が優勝した。 北口は1投目にシーズンベストとなる64m63をマーク。1投目の記録としては自己最高となる。しかし、 […]

NEWS 編集部コラム「あの景色を忘れない」

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top