HOME 高校

2024.06.16

女子800m・久保凛が今季2度目のU18日本新!2分03秒50弾みに「日本選手権で高校新を」男子800mは落合晃が1分47秒30/IH近畿
女子800m・久保凛が今季2度目のU18日本新!2分03秒50弾みに「日本選手権で高校新を」男子800mは落合晃が1分47秒30/IH近畿

24年インターハイ近畿大会女子800mでU18 日本新をマークした久保凛(東大阪大敬愛、左)

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)4日目

福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の最終日が行われ、女子800mで久保凛(東大阪大敬愛2)が自身が持つ高校歴代3位、U18日本記録(2分03秒57)を更新する2分03秒50で2連覇を飾った。

「高校記録(2分02秒57)を狙いつつ、大会新は出したい」と臨んだ久保は、スタートから飛ばし、バックストレートで早くも他を大きく引き離す。

「1分を切って入りたい」と想定していた1周目は60秒で通過。「リズムも良く、リラックスできていました」。2周目も勢いは衰えることなく、600mは1分30秒あたりで通過する。

ラストは4日間で1500m2本、800m3本目の疲労が感じられたものの、「しっかりと粘ることができました」。チームの先輩である川田朱夏(現・ニコニコのり)が2017年に出した大会記録(2分05秒23)を大幅に塗り替え、「高校記録を狙って出せなかった悔しさはありますが、100点の走りができました」と笑顔で振り返った。

2位に北村凜(3年)、3位に朝野流南(2年)が2分09秒42の同タイムで続いてメダルを独占を果たし、「狙っていたのでうれしいです」と白い歯がこぼれる。

1500mは初優勝だったが、この種目は2連覇。昨年はここで1年生優勝を果たし、一気にインターハイ制覇まで上り詰めた。2年生になった今季は、4月の金栗記念、5月の静岡国際、木南記念と日本グランプリシリーズを3連勝するなど大きく飛躍。2週間後に控える日本選手権でも優勝候補の一角となるだろう。見える景色の変化について、久保はこう話した

「日本グランプリシリーズを通じて、日本選手権優勝や高校新など、大きく視野を広げることができています。それだけ成長できていると思います」

インターハイは、「たくさんの同世代と勝負できるいい機会。800mは2連覇、1500mは納得のいく形で終われるように」と心待ちにしているが、その視線は自然とさらなる高みへと向く。日本選手権で目指すは、「高校新で優勝することです」。それを達成できたとき、どれほど視野が広がっていくのか。

男子800mも好レース。高校記録保持者の落合晃(滋賀学園3)がセカンドベスト、大会新の1分47秒30で3連覇を達成した。

久保と同様に、バックストレートから敢然と先頭に立ち、1周目を53秒で通過。3人が食い下がったが、そこからさらにギアを上げ、一気に突き放した。最後まで力強いフォームが崩れることなく、5月の静岡国際でマークした高校記録(1分46秒54)に迫るタイムを叩き出した。

「日本選手権への刺激」という位置づけで臨んだ大会だったが、残り100mを切ってタイマーが見えた時に、「高校新、いけるかも」という思いがよぎり、「力んでしましました」と苦笑い。それがなければ再度の記録更新もあり得る勢いだったことを鑑みると、「調子が上がっていることは確認できました」。

昨年のインターハイで2年生優勝を飾ってから温めてきた「パリ五輪」への思いを胸に、日本選手権に挑戦する。

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)4日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の最終日が行われ、女子800mで久保凛(東大阪大敬愛2)が自身が持つ高校歴代3位、U18日本記録(2分03秒57)を更新する2分03秒50で2連覇を飾った。 「高校記録(2分02秒57)を狙いつつ、大会新は出したい」と臨んだ久保は、スタートから飛ばし、バックストレートで早くも他を大きく引き離す。 「1分を切って入りたい」と想定していた1周目は60秒で通過。「リズムも良く、リラックスできていました」。2周目も勢いは衰えることなく、600mは1分30秒あたりで通過する。 ラストは4日間で1500m2本、800m3本目の疲労が感じられたものの、「しっかりと粘ることができました」。チームの先輩である川田朱夏(現・ニコニコのり)が2017年に出した大会記録(2分05秒23)を大幅に塗り替え、「高校記録を狙って出せなかった悔しさはありますが、100点の走りができました」と笑顔で振り返った。 2位に北村凜(3年)、3位に朝野流南(2年)が2分09秒42の同タイムで続いてメダルを独占を果たし、「狙っていたのでうれしいです」と白い歯がこぼれる。 1500mは初優勝だったが、この種目は2連覇。昨年はここで1年生優勝を果たし、一気にインターハイ制覇まで上り詰めた。2年生になった今季は、4月の金栗記念、5月の静岡国際、木南記念と日本グランプリシリーズを3連勝するなど大きく飛躍。2週間後に控える日本選手権でも優勝候補の一角となるだろう。見える景色の変化について、久保はこう話した 「日本グランプリシリーズを通じて、日本選手権優勝や高校新など、大きく視野を広げることができています。それだけ成長できていると思います」 インターハイは、「たくさんの同世代と勝負できるいい機会。800mは2連覇、1500mは納得のいく形で終われるように」と心待ちにしているが、その視線は自然とさらなる高みへと向く。日本選手権で目指すは、「高校新で優勝することです」。それを達成できたとき、どれほど視野が広がっていくのか。 男子800mも好レース。高校記録保持者の落合晃(滋賀学園3)がセカンドベスト、大会新の1分47秒30で3連覇を達成した。 久保と同様に、バックストレートから敢然と先頭に立ち、1周目を53秒で通過。3人が食い下がったが、そこからさらにギアを上げ、一気に突き放した。最後まで力強いフォームが崩れることなく、5月の静岡国際でマークした高校記録(1分46秒54)に迫るタイムを叩き出した。 「日本選手権への刺激」という位置づけで臨んだ大会だったが、残り100mを切ってタイマーが見えた時に、「高校新、いけるかも」という思いがよぎり、「力んでしましました」と苦笑い。それがなければ再度の記録更新もあり得る勢いだったことを鑑みると、「調子が上がっていることは確認できました」。 昨年のインターハイで2年生優勝を飾ってから温めてきた「パリ五輪」への思いを胸に、日本選手権に挑戦する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top