HOME PR
PR

2024.06.21

アスリートのための機能に特化したニシ・スポーツのアパレル新シリーズ『HIGH TECH LINE』が大好評! 日本選手権出場選手も着用予定
アスリートのための機能に特化したニシ・スポーツのアパレル新シリーズ『HIGH TECH LINE』が大好評! 日本選手権出場選手も着用予定

常に限界突破を目指し続ける不屈の陸上競技アスリートのために2024春、HIGH TECH LINEが新登場

陸上競技専門メーカーのニシ・スポーツが今年の3月からアパレル新シリーズとして展開している『HIGH TECH LINE』が好評を博している。創業70年の歴史で培った「陸上競技アスリート」向けウエアのノウハウと機能性を、より高みを目指すトップアスリートのためにブラッシュアップ。〝限界突破を目指すための機能〟に特化したウエアとして多くのアスリートから注目を集めている。

空気抵抗(摩擦抵抗)低減 新素材の開発

「0.001秒でも速く」をコンセプトにタイムに関わる要素の一つである空気抵抗に着目し、素材に特殊な加工を施した「ストレッチEX ウインドガード」を国立大学法人 筑波大学 体育系 ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センターとの共同研究で開発した。

風洞実験による陸上競技ウエアの空力特性検証を目的とした空気抵抗試験の結果、生地特性として風速9.0m/ 秒(100m を11.1 秒で走る場合と同条件)では、同社既存素材(ストレッチEX) と比較して約9%の空気抵抗(摩擦抵抗)低減が証明され、0.001秒の世界で戦うアスリートのために心強い味方が誕生となった。

WGレーシングノースリーブシャツとWGレーシングショートタイツ。空気抵抗を低減する新素材として開発された「ストレッチEXウインドガード」採用

陸上競技専門メーカーならではのノウハウで〝快適性〟を追求

熱や湿気を効率的に逃して体温上昇を抑える「エアーダクトホール」をはじめ、大きなストライドを確保するランニングパンツの「アスリートオープンカット」、肩甲骨の可動域を広げるランニングトップの「モビリティシルエット」など各部位の可動性や特性に応じた機能を搭載し、より快適な環境下でのパフォーマンス発揮をサポートするなど、陸上競技専門メーカーならではのノウハウを凝縮。

ジャカードレーシングランニングトップとジャカードレーシングランニングパンツ。吸汗速乾性のある素材などの機能性がアスリートをサポートする

プレミアムな質感にこだわり、ジャカード生地を採用。プリントでは表現できない立体感、光沢感がワンランク上の印象をもつ素材となっている。シンプルながら力強いグラデーションデザインは〝強さ〟にこだわりぬくアスリートのプライドとスピリットを表現している。

ジャカードレーシングTシャツ(左)、ジャカードレーシングスリーブレステックシャツ。ジャカード素材の光沢感と昇華転写プリントによるグラデーションが、シンプルさの中にこだわりを感じさせるデザイン

デタッチャブルウインドブレーカージャケットは、袖の取り外しでアップ時の衣服内環境をコントロールできる2WAYジャケット。ライトウインドブレーカーパンツは立体的なタックでひざの動かしやすさを追求したパンツ

日本選手権出場選手も着用予定!

『HIGH TECH LINE』シリーズは、国内トップアスリートも競技用ユニフォームとして採用。まもなく開催される第108回日本陸上競技選手権大会(新潟)、第108回日本陸上競技選手権大会・混成競技(岐阜)でも、HIGH TECH LINEを着用したアスリートが日本のトップを争う舞台に出場する予定となっている。

〈着用予定選手〉※6/21時点
・男子円盤投  湯上剛輝選手(トヨタ自動車)
・男子三段跳  松下悠太郎選手(鹿児島信用金庫)
・男子十種競技 田上 駿選手(陸上物語)

 

■各商品のサイズ、カラーなどの詳細は下記オンラインサイトを参照
『HIGH TECH LINE』シリーズ オンラインストア

陸上競技専門メーカーのニシ・スポーツが今年の3月からアパレル新シリーズとして展開している『HIGH TECH LINE』が好評を博している。創業70年の歴史で培った「陸上競技アスリート」向けウエアのノウハウと機能性を、より高みを目指すトップアスリートのためにブラッシュアップ。〝限界突破を目指すための機能〟に特化したウエアとして多くのアスリートから注目を集めている。

空気抵抗(摩擦抵抗)低減 新素材の開発

「0.001秒でも速く」をコンセプトにタイムに関わる要素の一つである空気抵抗に着目し、素材に特殊な加工を施した「ストレッチEX ウインドガード」を国立大学法人 筑波大学 体育系 ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センターとの共同研究で開発した。 風洞実験による陸上競技ウエアの空力特性検証を目的とした空気抵抗試験の結果、生地特性として風速9.0m/ 秒(100m を11.1 秒で走る場合と同条件)では、同社既存素材(ストレッチEX) と比較して約9%の空気抵抗(摩擦抵抗)低減が証明され、0.001秒の世界で戦うアスリートのために心強い味方が誕生となった。 [caption id="attachment_137654" align="alignnone" width="800"] WGレーシングノースリーブシャツとWGレーシングショートタイツ。空気抵抗を低減する新素材として開発された「ストレッチEXウインドガード」採用[/caption]

陸上競技専門メーカーならではのノウハウで〝快適性〟を追求

熱や湿気を効率的に逃して体温上昇を抑える「エアーダクトホール」をはじめ、大きなストライドを確保するランニングパンツの「アスリートオープンカット」、肩甲骨の可動域を広げるランニングトップの「モビリティシルエット」など各部位の可動性や特性に応じた機能を搭載し、より快適な環境下でのパフォーマンス発揮をサポートするなど、陸上競技専門メーカーならではのノウハウを凝縮。 [caption id="attachment_137923" align="alignnone" width="800"] ジャカードレーシングランニングトップとジャカードレーシングランニングパンツ。吸汗速乾性のある素材などの機能性がアスリートをサポートする[/caption] プレミアムな質感にこだわり、ジャカード生地を採用。プリントでは表現できない立体感、光沢感がワンランク上の印象をもつ素材となっている。シンプルながら力強いグラデーションデザインは〝強さ〟にこだわりぬくアスリートのプライドとスピリットを表現している。 [caption id="attachment_137925" align="alignnone" width="800"] ジャカードレーシングTシャツ(左)、ジャカードレーシングスリーブレステックシャツ。ジャカード素材の光沢感と昇華転写プリントによるグラデーションが、シンプルさの中にこだわりを感じさせるデザイン[/caption] [caption id="attachment_137928" align="alignnone" width="800"] デタッチャブルウインドブレーカージャケットは、袖の取り外しでアップ時の衣服内環境をコントロールできる2WAYジャケット。ライトウインドブレーカーパンツは立体的なタックでひざの動かしやすさを追求したパンツ[/caption]

日本選手権出場選手も着用予定!

『HIGH TECH LINE』シリーズは、国内トップアスリートも競技用ユニフォームとして採用。まもなく開催される第108回日本陸上競技選手権大会(新潟)、第108回日本陸上競技選手権大会・混成競技(岐阜)でも、HIGH TECH LINEを着用したアスリートが日本のトップを争う舞台に出場する予定となっている。 〈着用予定選手〉※6/21時点 ・男子円盤投  湯上剛輝選手(トヨタ自動車) ・男子三段跳  松下悠太郎選手(鹿児島信用金庫) ・男子十種競技 田上 駿選手(陸上物語)   ■各商品のサイズ、カラーなどの詳細は下記オンラインサイトを参照 『HIGH TECH LINE』シリーズ オンラインストア

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top