HOME 国内

2024.06.01

走高跳・赤松諒一が2m25でV!現役復帰の衛藤昂が同記録で3位に入る/台湾オープン
走高跳・赤松諒一が2m25でV!現役復帰の衛藤昂が同記録で3位に入る/台湾オープン

赤松諒一(SEIBU PRINCE)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズの台湾オープンの初日が6月1日に台北市で行われ、男子走高跳はブダペスト世界選手権8位入賞の赤松諒一(SEIBU PRINCE)がシーズンベストの2m25で優勝した。

雨の降る難しいコンディションのなか、赤松は2m16、22、25と1回で成功。続く2m28には赤松を含めて4人が挑戦したがクリアならず。無効試技数の差で赤松が制した。これでパリ五輪の参加資格を得られるワールドランキングのポイント獲得で、初五輪にまた一歩近づいたと言える。

2位に台湾の傳兆源、3位には現役復帰した東京五輪代表の衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)が同記録で続いた。ダイヤモンドリーグ・ファイナル優勝のウ・サンヒョク(韓国)は2m16のあと、2m22を2回目でクリアしたが、2m25をパスして臨んだ2m28は跳べずに4位に。5位に瀬古優斗(滋賀陸協)が2m22で入った。

男子ハンマー投は、今期世界リストトップのE.カッツバーグ(カナダ)が80m04で貫禄勝ち。2位に72m57の大会新で柏村亮太(ヤマダホールディングス)が続き、71m67を投げた福田翔大(住友電工)が3位だった。

女子3000m障害の大宅楓(大東建託パートナーズ)はフィニッシュ直前でかわされて10分34秒30で2位。女子ハンマー投の藤本咲良(コンドーテック)が62m30、小舘充華(染めQ)が61m86で4、5位だった。

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズの台湾オープンの初日が6月1日に台北市で行われ、男子走高跳はブダペスト世界選手権8位入賞の赤松諒一(SEIBU PRINCE)がシーズンベストの2m25で優勝した。 雨の降る難しいコンディションのなか、赤松は2m16、22、25と1回で成功。続く2m28には赤松を含めて4人が挑戦したがクリアならず。無効試技数の差で赤松が制した。これでパリ五輪の参加資格を得られるワールドランキングのポイント獲得で、初五輪にまた一歩近づいたと言える。 2位に台湾の傳兆源、3位には現役復帰した東京五輪代表の衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)が同記録で続いた。ダイヤモンドリーグ・ファイナル優勝のウ・サンヒョク(韓国)は2m16のあと、2m22を2回目でクリアしたが、2m25をパスして臨んだ2m28は跳べずに4位に。5位に瀬古優斗(滋賀陸協)が2m22で入った。 男子ハンマー投は、今期世界リストトップのE.カッツバーグ(カナダ)が80m04で貫禄勝ち。2位に72m57の大会新で柏村亮太(ヤマダホールディングス)が続き、71m67を投げた福田翔大(住友電工)が3位だった。 女子3000m障害の大宅楓(大東建託パートナーズ)はフィニッシュ直前でかわされて10分34秒30で2位。女子ハンマー投の藤本咲良(コンドーテック)が62m30、小舘充華(染めQ)が61m86で4、5位だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top