HOME 海外

2024.05.29

リオ五輪棒高跳金のダ・シルヴァが禁止薬物使用で16ヵ月の資格停止 ポイストゴワはスポーツ仲裁裁判所へ上訴
リオ五輪棒高跳金のダ・シルヴァが禁止薬物使用で16ヵ月の資格停止 ポイストゴワはスポーツ仲裁裁判所へ上訴

棒高跳のダ・シルヴァ

陸上界の不正を監視する世界陸連の独立機関「アスリート・インテグリティ・ユニット」(AIU)は5月28日、男子棒高跳リオ五輪金メダルのT.ブラス・ダ・シルヴァ(ブラジル)に2023年7月28日から16カ月の資格停止と23年7月2日以降の成績取消の処分を科すことを発表した。禁止物質(オスタリン)の使用/存在があったため。

禁止物質はダ・シルヴァが摂取したサプリメントに含まれていたことがわかっており、AIUは当初これを重過失として4年間の資格停止処分を求めていたが、ダ・シルヴァは医療チームの助言に基づいてサプリメントを摂取しており、重過失は認められないとして16カ月間の処分となった。昨年7月から暫定資格処分を受けており、今年11月に処分は終了する。ダ・シルヴァはこの裁定についてスポーツ仲裁裁判所へ上訴することが発表されている。

ダ・シルヴァは地元のリオ五輪で南米記録の6m03を跳び金メダルを獲得した30歳。12年にはU20世界選手権で優勝しており、21年東京五輪では銅メダル、世界選手権では19年ドーハで5位、オレゴンで4位に入っている。

AIUはこのほか5月中にロジャース・ケモイら複数のケニア選手を含む違反者に処分を科すことを発表しているほか、2012年ロンドン五輪女子800m銀メダリストのE.ポイストゴワ(トルコ、現姓グリエフ/2021年以前はロシア国籍)が自身の処分についてスポーツ仲裁裁判所へ上訴することを発表してる。ポイストゴワは禁止物質/方法の使用のため24年3月28日から2年間の資格停止処分と、12年7月17日から14年10月20日の成績取消の処分を受けることになっていたがこれを不服として上訴する。これによりポイストゴワが獲得したロンドン五輪の銀メダルについてはこの上訴が終結するまで確定しないものとなる。

陸上界の不正を監視する世界陸連の独立機関「アスリート・インテグリティ・ユニット」(AIU)は5月28日、男子棒高跳リオ五輪金メダルのT.ブラス・ダ・シルヴァ(ブラジル)に2023年7月28日から16カ月の資格停止と23年7月2日以降の成績取消の処分を科すことを発表した。禁止物質(オスタリン)の使用/存在があったため。 禁止物質はダ・シルヴァが摂取したサプリメントに含まれていたことがわかっており、AIUは当初これを重過失として4年間の資格停止処分を求めていたが、ダ・シルヴァは医療チームの助言に基づいてサプリメントを摂取しており、重過失は認められないとして16カ月間の処分となった。昨年7月から暫定資格処分を受けており、今年11月に処分は終了する。ダ・シルヴァはこの裁定についてスポーツ仲裁裁判所へ上訴することが発表されている。 ダ・シルヴァは地元のリオ五輪で南米記録の6m03を跳び金メダルを獲得した30歳。12年にはU20世界選手権で優勝しており、21年東京五輪では銅メダル、世界選手権では19年ドーハで5位、オレゴンで4位に入っている。 AIUはこのほか5月中にロジャース・ケモイら複数のケニア選手を含む違反者に処分を科すことを発表しているほか、2012年ロンドン五輪女子800m銀メダリストのE.ポイストゴワ(トルコ、現姓グリエフ/2021年以前はロシア国籍)が自身の処分についてスポーツ仲裁裁判所へ上訴することを発表してる。ポイストゴワは禁止物質/方法の使用のため24年3月28日から2年間の資格停止処分と、12年7月17日から14年10月20日の成績取消の処分を受けることになっていたがこれを不服として上訴する。これによりポイストゴワが獲得したロンドン五輪の銀メダルについてはこの上訴が終結するまで確定しないものとなる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top