HOME 国内、大学

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC
女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

24年関西インカレ女子10000m競歩で日本学生新記録をマークした柳井綾音

女子10000m競歩の学生歴代10傑をチェック!

女子10000m競歩
44.21.85 柳井綾音(立命大3) 2024. 5.25
44.34.13 岡田久美子(立大1) 2010.10. 4
44.52.90 渕瀬真寿美(龍谷大3) 2007. 6.10
45.12.93 大利久美(日女体大3) 2006.10. 9
45.13.53 五藤怜奈(中部学大2) 2015. 7.16
45.17.13 三村芙実(立命大2) 2004. 5. 9
45.24.90 内藤未唯(神奈川大2) 2022.11.20
45.42.21 籔田みのり(武庫川女大2) 2021.12.12
45.43.84 前田浩唯(立命大4) 2013.10. 7
45.47.07 梅野倖子(順大1) 2021.12.12

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21秒85の日本学生新記録をマークして3連覇を果たした。 9時半スタートにも関わらず気温は25.7度まで上がり、湿度84%と蒸し暑いコンディション。その中でも柳井は昨年6月に自らが作った日本学生記録(44分27秒72)を約6秒更新し、「みんなの応援が後押ししてくれました。この場で記録を出すことができてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。 5月18日にスペインで行われた世界陸連(WA)競歩ツアー・ゴールドの第37回ラ・コルーニャ国際グランプリの女子20㎞競歩に出場し、自己ベストを1分以上縮める1時間29分44秒の日本歴代7位の好タイムをマークし15位と健闘。20日に日本に帰国したばかりで、今回のレースに臨んでいた。 「さすがに疲れはありましたが、アドレナリンが出ていたので気にならなかった。(1㎞)4分20秒ペースでどこまでいけるか確かめようと、前半から積極的にいきました。チームの総合優勝のためにも、ボーナス点(日本学生記録で20点プラス)を取れ、追い風になったならうれしい」と笑顔で話す。 スペインでも好タイムをマークしているように、「課題だった疲れてきた時の腕振りが、最後まで正確に振れるようになったこと。4分20秒で押していく際の感覚がつかめてきたことが大きいです」と好調の要因を口にする。 この後は、「少し休んで五輪に備えたい。今回以上のタイムで10㎞を2回、しっかり歩き、パリではメダル獲得が目標」ときっぱり。関西インカレでの偉業をステップに世界へと羽ばたく。 文/花木 雫

女子10000m競歩の学生歴代10傑をチェック!

女子10000m競歩 44.21.85 柳井綾音(立命大3) 2024. 5.25 44.34.13 岡田久美子(立大1) 2010.10. 4 44.52.90 渕瀬真寿美(龍谷大3) 2007. 6.10 45.12.93 大利久美(日女体大3) 2006.10. 9 45.13.53 五藤怜奈(中部学大2) 2015. 7.16 45.17.13 三村芙実(立命大2) 2004. 5. 9 45.24.90 内藤未唯(神奈川大2) 2022.11.20 45.42.21 籔田みのり(武庫川女大2) 2021.12.12 45.43.84 前田浩唯(立命大4) 2013.10. 7 45.47.07 梅野倖子(順大1) 2021.12.12

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.23

【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

女子800m中学歴代10傑 2.07.19 髙橋ひな(山陽3兵庫)  2013.10. 5 2.07.51 岡田芽(北斗上磯3北海道)2009. 8.23 2.07.81 市川良子(浅江3山口)  1991. 6.15 […]

NEWS 男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

2024.07.23

男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

鈴木雄介の引退コメント全文 このたび、富士通株式会社および富士通陸上競技部を退職・退部することといたしました。 次のキャリアに向けた準備期間が必要となったため、急なご報告となりました。 長年お世話になったチーム、会社を離 […]

NEWS 富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

2024.07.23

富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

ウォルシュ・ジュリアンのコメントはこちら このたび、私は陸上競技からの引退を決意いたしました。これまで応援してくださった皆様、そして富士通在籍中に支えていただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。競技生活を通じて、 […]

NEWS 速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

2024.07.23

速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

米国No.1ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」は、速さを追求するスピードモデル「Hyperion(ハイペリオン)」シリーズの最新作「Hyperion2」を7月下旬よりブルックス公式オンラインショップ […]

NEWS 東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団は7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である男 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top