HOME 国内、大学

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC
女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

24年関西インカレ女子10000m競歩で日本学生新記録をマークした柳井綾音

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都)

関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21秒85の日本学生新記録をマークして3連覇を果たした。

9時半スタートにも関わらず気温は25.7度まで上がり、湿度84%と蒸し暑いコンディション。その中でも柳井は昨年6月に自らが作った日本学生記録(44分27秒72)を約6秒更新し、「みんなの応援が後押ししてくれました。この場で記録を出すことができてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

5月18日にスペインで行われた世界陸連(WA)競歩ツアー・ゴールドの第37回ラ・コルーニャ国際グランプリの女子20㎞競歩に出場し、自己ベストを1分以上縮める1時間29分44秒の日本歴代7位の好タイムをマークし15位と健闘。20日に日本に帰国したばかりで、今回のレースに臨んでいた。

「さすがに疲れはありましたが、アドレナリンが出ていたので気にならなかった。(1㎞)4分20秒ペースでどこまでいけるか確かめようと、前半から積極的にいきました。チームの総合優勝のためにも、ボーナス点(日本学生記録で20点プラス)を取れ、追い風になったならうれしい」と笑顔で話す。

スペインでも好タイムをマークしているように、「課題だった疲れてきた時の腕振りが、最後まで正確に振れるようになったこと。4分20秒で押していく際の感覚がつかめてきたことが大きいです」と好調の要因を口にする。

この後は、「少し休んで五輪に備えたい。今回以上のタイムで10㎞を2回、しっかり歩き、パリではメダル獲得が目標」ときっぱり。関西インカレでの偉業をステップに世界へと羽ばたく。

文/花木 雫

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21秒85の日本学生新記録をマークして3連覇を果たした。 9時半スタートにも関わらず気温は25.7度まで上がり、湿度84%と蒸し暑いコンディション。その中でも柳井は昨年6月に自らが作った日本学生記録(44分27秒72)を約6秒更新し、「みんなの応援が後押ししてくれました。この場で記録を出すことができてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。 5月18日にスペインで行われた世界陸連(WA)競歩ツアー・ゴールドの第37回ラ・コルーニャ国際グランプリの女子20㎞競歩に出場し、自己ベストを1分以上縮める1時間29分44秒の日本歴代7位の好タイムをマークし15位と健闘。20日に日本に帰国したばかりで、今回のレースに臨んでいた。 「さすがに疲れはありましたが、アドレナリンが出ていたので気にならなかった。(1㎞)4分20秒ペースでどこまでいけるか確かめようと、前半から積極的にいきました。チームの総合優勝のためにも、ボーナス点(日本学生記録で20点プラス)を取れ、追い風になったならうれしい」と笑顔で話す。 スペインでも好タイムをマークしているように、「課題だった疲れてきた時の腕振りが、最後まで正確に振れるようになったこと。4分20秒で押していく際の感覚がつかめてきたことが大きいです」と好調の要因を口にする。 この後は、「少し休んで五輪に備えたい。今回以上のタイムで10㎞を2回、しっかり歩き、パリではメダル獲得が目標」ときっぱり。関西インカレでの偉業をステップに世界へと羽ばたく。 文/花木 雫

女子10000m競歩の学生歴代10傑をチェック!

女子10000m競歩 44.21.85 柳井綾音(立命大3) 2024. 5.25 44.34.13 岡田久美子(立大1) 2010.10. 4 44.52.90 渕瀬真寿美(龍谷大3) 2007. 6.10 45.12.93 大利久美(日女体大3) 2006.10. 9 45.13.53 五藤怜奈(中部学大2) 2015. 7.16 45.17.13 三村芙実(立命大2) 2004. 5. 9 45.24.90 内藤未唯(神奈川大2) 2022.11.20 45.42.21 籔田みのり(武庫川女大2) 2021.12.12 45.43.84 前田浩唯(立命大4) 2013.10. 7 45.47.07 梅野倖子(順大1) 2021.12.12

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top