月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【200m】100m女王・兒玉は2位も自己新 女子短距離新時代に突入/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)最終日

女子100mと2冠を狙った兒玉芽生(福岡大)は、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)に次ぐ2位。それでも23秒44(-0.1)の自己新、日本歴代7位、学生歴代2位の好走だった。

「優勝を狙っていたので悔しい部分がありますが収穫のあるレースでした」。昨年は200mで優勝している兒玉。「1年前は前半が遅いというデータが出ていたのですが、今日は攻めた走りができました」と振り返る。鶴田は「まったく意識していなかったのですが、コーナーを抜けたところで前に出られていたので、そこから少し意識してしまいました」と言う。

今季の目標は23秒3に掲げていたため、「少し悔しい部分がある」と言うものの「まだ完璧なレースではないので、来年は22秒台を出したい」と意気込む。

「世界への挑戦」を恩師・信岡信岡沙希重コーチと掲げて臨んだ今シーズン。「100m今までにないくらいの速さで3本走れました。200mは勝ちきれなかったのが足りないところ。来年も良い結果を出せるように、勝ち続けられる選手になりたい」。少し寂しい時代が続く女子スプリント。「鶴田さんと切磋琢磨して、女子短距離を盛り上げたいです」。

日本選手権では兒玉が100mで、鶴田が200mで日本歴代3位の好記録。この2人のレベル以上で走っているのは、福島千里と髙橋萌木子だけだ。東京五輪が開催されるはずだった2020年。女子短距離界が新時代に突入した。

■女子200m日本歴代10傑
22.88 1.8 福島千里  16年
23.15 1.5 髙橋萌木子 09年
23.17 -0.1 鶴田玲美 20年
23.33 0.4 信岡沙希重 04年
23.35 0.4 渡辺真弓  13年
23.39 -0.2 市川華菜 17年
23.44 -0.1 兒玉芽生 20年
23.45 0.9 齋藤愛美  16年
23.46 0.2 新井初佳  99年
23.48 0.6 中村宝子  06年



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com