HOME 国内、日本代表

2024.04.20

パリ五輪で男子4継悲願の世界一へ 世界リレーで「金メダルを取る練習」 サニブラウンも現地で合流
パリ五輪で男子4継悲願の世界一へ 世界リレーで「金メダルを取る練習」 サニブラウンも現地で合流

世界リレー男子4×100mRメンバー

日本陸連は4月20日、東京都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで、世界リレー(バハマ・ナッソー)に向けた男女4×100mリレーの代表合宿を公開した。

男子4×100mリレーは、昨年の実績から栁田大輝(東洋大)と上山紘輝(住友電工)、そして選考会だった出雲陸上から、木梨嘉紀(筑波大院)、山本匠真(広島大)、三輪颯太(慶大)の学生3選手が初代表入り。そして、世界選手権100m2大会連続ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が加わる。

土江寛裕ディレクターは「経験豊富な3人と、初代表の3人で、すごくバランスが良いメンバーがそろいました。経験のある選手と新たなに入った選手がリレーを組むことでノウハウが伝わっていくのが日本のリレーです」と言う。合宿の雰囲気も「ギスギスしたところもなく、お互いにコミュニケーションをとって高めていこうとしている」と目を細める。

世界リレーで決勝に進めばパリ五輪の出場権を獲得できる。それ自体、「もちろん油断をしてはいけませんが、ミスなく、しっかりパフォーマンスができれば、ハードルは高くない」と土江ディレクター。これまでの代表が積み上げてきた伝統があり、それは初代表であろうと、日本男子短距離に根付いている。

ただ、パリ五輪で目指すのは「東京五輪で忘れてきた」という金メダル。そのためにも、世界リレーは「各国ともトップ選手で組んでくると思うので、(パリで)金メダルを取る練習になればいいなと思っています」とし、「それを狙えるメンバーがそろった」を自信を持つ。

走順は特性を考慮してほぼ固まっており、「1走は木梨選手か山本選手。2走は栁田選手、3走は上山選手。アンカーはサニブラウン」と明言した。

なかでも、サニブラウンの参戦は大きな意味を持つ。これまで「いろいろ誤解があった」と土江ディレクター。東京五輪でリレー金メダルを目指して100mと200mのいずれかを選択してもらうように要請したことや、米国で活動することも影響してきたが、「ハキーム選手はリレーが大好きなんです」と代弁する。

情報が一人歩きしてきたが、これまで代表チームでの言動を見て入れば誰もが理解できることだった。今回、「ある意味で個人を犠牲にしてでも」世界リレー出場となったことは、その意思表示でもある。代表チームは米国で合宿し、1レースしてからバハマへ。サニブラウンは現地で合流することになる。

「ハキーム選手抜きでは金メダルは取れない。パリの作戦を作る上でも重要なレースですし、来てくれるのは大きい」(土江ディレクター)

この日は上山と栁田を中心に、チームの雰囲気の良さを見せていた男子4継陣。まずはパリ五輪の出場権獲得。その先のメダル争いがパリ五輪へとつながっていく。

世界リレーは5月4、5日に開催。8月のパリ五輪の出場国選考を兼ねた重要な競技会で、上位14ヵ国(決勝8チーム+2レース目からの6ヵ国)が出場権を獲得する。パリ五輪のリレー出場枠は16で、残り2枠については選考期間中(22年12月31日~24年6月30日)のトップリストの上位から選出される予定となっている。

日本陸連は4月20日、東京都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで、世界リレー(バハマ・ナッソー)に向けた男女4×100mリレーの代表合宿を公開した。 男子4×100mリレーは、昨年の実績から栁田大輝(東洋大)と上山紘輝(住友電工)、そして選考会だった出雲陸上から、木梨嘉紀(筑波大院)、山本匠真(広島大)、三輪颯太(慶大)の学生3選手が初代表入り。そして、世界選手権100m2大会連続ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が加わる。 土江寛裕ディレクターは「経験豊富な3人と、初代表の3人で、すごくバランスが良いメンバーがそろいました。経験のある選手と新たなに入った選手がリレーを組むことでノウハウが伝わっていくのが日本のリレーです」と言う。合宿の雰囲気も「ギスギスしたところもなく、お互いにコミュニケーションをとって高めていこうとしている」と目を細める。 世界リレーで決勝に進めばパリ五輪の出場権を獲得できる。それ自体、「もちろん油断をしてはいけませんが、ミスなく、しっかりパフォーマンスができれば、ハードルは高くない」と土江ディレクター。これまでの代表が積み上げてきた伝統があり、それは初代表であろうと、日本男子短距離に根付いている。 ただ、パリ五輪で目指すのは「東京五輪で忘れてきた」という金メダル。そのためにも、世界リレーは「各国ともトップ選手で組んでくると思うので、(パリで)金メダルを取る練習になればいいなと思っています」とし、「それを狙えるメンバーがそろった」を自信を持つ。 走順は特性を考慮してほぼ固まっており、「1走は木梨選手か山本選手。2走は栁田選手、3走は上山選手。アンカーはサニブラウン」と明言した。 なかでも、サニブラウンの参戦は大きな意味を持つ。これまで「いろいろ誤解があった」と土江ディレクター。東京五輪でリレー金メダルを目指して100mと200mのいずれかを選択してもらうように要請したことや、米国で活動することも影響してきたが、「ハキーム選手はリレーが大好きなんです」と代弁する。 情報が一人歩きしてきたが、これまで代表チームでの言動を見て入れば誰もが理解できることだった。今回、「ある意味で個人を犠牲にしてでも」世界リレー出場となったことは、その意思表示でもある。代表チームは米国で合宿し、1レースしてからバハマへ。サニブラウンは現地で合流することになる。 「ハキーム選手抜きでは金メダルは取れない。パリの作戦を作る上でも重要なレースですし、来てくれるのは大きい」(土江ディレクター) この日は上山と栁田を中心に、チームの雰囲気の良さを見せていた男子4継陣。まずはパリ五輪の出場権獲得。その先のメダル争いがパリ五輪へとつながっていく。 世界リレーは5月4、5日に開催。8月のパリ五輪の出場国選考を兼ねた重要な競技会で、上位14ヵ国(決勝8チーム+2レース目からの6ヵ国)が出場権を獲得する。パリ五輪のリレー出場枠は16で、残り2枠については選考期間中(22年12月31日~24年6月30日)のトップリストの上位から選出される予定となっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top